2020年01月07日

群れなせ!シートン学園 第1話『おおかみ親分(ボス) ランカ −ランカとジンとヒトミの話−』(新)

群れなせ!シートン学園 第1話(新)

新番組の感想2本目です。

なんか最近こういうケモノ系のアニメが多いような気がしますね。
前期でも、アフリカのサラリーマンとか、旗揚!けものみちとかありましたし。

これは・・・なんかアフリカのサラリーマンの学校版って感じがしますね。

肉食動物とか草食動物とか人間とかが一緒でかなりカオスな環境です。
みんな同種族同士で群れを作ってるのね。
まぁ、動物なら別に珍しいことでもないか。

ランカは自分の群れが見つけられないのね。
狼って、一匹狼って言うけど、実際のところ群れで行動するんですね。
実は昔ランカを助けたのが人だったのか。
これはなにかの縁なのかな。

色々あって、一緒の群れになることに。
犬らしく、一度懐くと一気にデレデレになりますね。
ペロペロが激しいです(笑)



Posted by かつカツ at 03:41│コメント(0)群れなせ!シートン学園 │

※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 20/01/06(月) 朝礼雑記 20/01/07(火) マイナス