2008年04月30日

第4話『お稲荷さま。収穫する』

コウは、見た目以上のドジっ娘ですね。
ここまで酷いのは、久しぶりに見ましたよ。
けど、本人はいたって真剣なんだから、怒るに怒れませんよね。
う〜ん、高岡家の家計は厳しそうだ。

今回は、美夜子のことについて少し語られました。
クーは、美夜子とは会ったことあるんですね。
なかなか元気な性格のようです。
なんたって、今の父さんとの最初の出会い方がアレだったからなぁ〜。
世の中何があるか分からない。
私も着ぐるみ着て立ってたらこんな出会いがあるのかな?

が一人でちょっと買い物に行きました。
けど、なんか激しく不安ですね・・・
なんか、豆が転がってきました。
これは、どう見ても罠でしょう。
なぜこんな見え見えの罠に引っかかる?

コウが助けに来てくれました!!
けど、相性が良くないみたいで、苦戦しているようですね。

その時クーは・・・公園の池でコイを取ってますね。
コイって、食料になるのか?
まぁ、食えないことはないだろうけど・・・

本気を出したコウはかなり強いですね。
相性の壁も越えてしまいました。

これで、悪い奴も倒せて、食料の豆も手に入ってめでたしですね。
最後は、またコウがドジしてくれましたが(苦笑)
コウにとっての少しは、手のひらいっぱいなのか・・・

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:16│コメント(0)トラックバック(20)我が家のお稲荷さま。 │

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

護り女として。
[ ミナモノカガミ ]   2008年04月30日 03:06

お稲荷さま wiki「我が家のお稲荷さま。」 原作はライトノベル。マンガは現在2巻まで出ています。 私は原作も読んでいます。なかなか面白く、放電映像さんのイラストも綺麗です。 さて、現在放送中のアニメは4話まで視聴しました。 監督は岩崎良明さん。 ... 我が家のお稲荷さま。 第4話第4話『お稲荷さま。収穫する』 コウは、見た目以上のドジっ娘ですね。 ここまで酷いのは、久しぶりに見ましたよ。 けど、本人はいたって真剣なんだから、怒るに怒れませんよね。 う〜ん、高岡家の家計は厳しそうだ。 今回は、美夜子のことについて少し ... 我が家のお稲荷さま。 4話第4話お稲荷さま。収穫する.
[ 民主クリントン 共和党  勝利  民主党  クリントン  オバマ ]   2008年04月30日 03:08

記事を書きながらカイジを流し見。もう関東ではとっくの昔に終わってるのになぁ。関西ではティッシュ編を絶賛放送中なのですよ☆デスノの時にはもうマンデーパークは1クール近く遅れてたなぁ・・・・・・・・・・・・・・。=== ドジな頑張り屋さん ===[[attached(1,center)]][[attached(2,center)]]コウちゃんが料理を作る事に。希望に胸を膨らませて待つも出てきたのはダイナミックとフォローする父の優しさを感じる出来だった。お湯を沸かそ...
[ 〜信じる力は運命を強固にする〜 ]   2008年04月30日 03:21

 第四話「お稲荷さま。収穫する」極度な不器用娘、コウは、なんとか昇たちの役に立ちたいと家事に励むのだが、なにもかもが裏目に出てしまう。そんなコウが割った皿代や、そうでなくても、食い扶持が二人も増えて、生活費が赤字になっていくことに悩む昇。だが、クーは、...
[ 日々“是”精進! ]   2008年04月30日 05:08

我が家のお稲荷さま。公式サイト前回のコウの独壇場の有様を引きずったままの高上家。何と、本気で家計が危うい様子。常に節約を訴える主婦な昇が相変わらず痛々しい今回。コウの歌うEDテーマの歌詞、「大丈夫、必ず上手くやれる…」というのは自身への励ましとも....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年04月30日 05:29

我が家のお稲荷さま。の第4話を見ました。第4話 お稲荷さま。収穫する「昇様、今日の夕食は私にお任せ下さい」「え?」「何?何?コウちゃんが何か作ってくれるの?」「はい。この命に代えましても」「いや、そこまでは…。にしても、女の子の手料理か」「コウちゃん、お...
[ MAGI☆の日記 ]   2008年04月30日 06:45

クーが狐の姿が多い話数は、裏ヒロイン的なコウの活躍回だと思う「我が家のお稲荷さま。」第4話。護り女の役割に徹するコウと家事が苦手ながら努力するコウの、どちらも懸命な姿は天然さを通り越して微笑ましくもある。社会経験がなくコミュニケーション不足だけれど、高上兄弟を守るために家を出て初めて世間を知るなんて所は、兄弟の母親の美夜子をトレースした人生の始まりのよう。コウは枝豆妖怪娘から護り女なんてつまらない人生のような言われ方をしていたが、こんな無垢な娘が大恋愛に落ちるストーリーなんてあると面白いかも...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年04月30日 06:49

第四話『お稲荷さま。収穫する』家事得意そうなのにね。あの料理をダイナミックという言い回しがとっさにできる父さんが好きです。
[ 沖磨純雲 -おきまもとん- ]   2008年04月30日 08:10

 4話 お稲荷さま。収穫するコゥちゃん大暴れ。ってここまで毎回そうだったか?家計が・・;;いくらなんでも、いい加減皿割り過ぎでしょーが!!! (笑)皿拭きぐらいは慣れてあげて・・それにしても。コゥちゃんの対戦相手の相性がいつも悪いような気がするんだけど...
[ 鳥飛兎走 ]   2008年04月30日 08:41

風がなにかを言おうとしている早見沙織発売日:2008-05-28価格【10秒で分かる、今日の『わがやのおいなりさま。』】家事はダメッス思い出は照れくさスお買物はデンジャラス戦いはハイレベルッスオチはソルトデスういうい、んでは「我が家のお稲荷さま。」...
[ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2008年04月30日 12:33

JUGEMテーマ:漫画/アニメ “今日の夕食は私にお任せください  この命に代えましても・・・・” 高上家に居候しているコウですが、今夜は自分で夕食を作ろうと頑張るのだが・・・前回、見事なまでの惨状を見せ付けたコウの家事能力。 期待する高上兄弟と対照的に、クーは物凄く不安がっています。 何事もなければいいが・・・・って起きてるんです。 これぞお約束。  今回は、高上家のある意味ピンチのお話。そして、コウ奮闘のお話です。
[ 独り言の日記 ]   2008年04月30日 19:25

我が家のお稲荷さま。 第04話 「お稲荷さま。収穫する」いつもどおりなにげなく見ようとしていたら、なんとなくオープニングテーマが気にな...
[ Mare Foecunditatis ]   2008年04月30日 21:15

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻高上家で暮らし始めて暫く経つ天狐とコウ。天狐はすっかりの人間との生活に馴染んでしまっているが、コウの方はなかなか順応出来ない様子だ。昇達のため、家事洗濯を手伝おうとするがいつも失敗続き。しかし、そん...
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年04月30日 22:09

【あらすじ】極度な不器用娘、コウは、なんとか昇たちの役に立ちたいと家事に励むのだが、なにもかもが裏目に出てしまう。そんなコ...
[ Shooting Stars☆ ]   2008年04月30日 22:28

 食費が二人分増えた上、コウが食材もろとも食器や鍋を次々に駄目にするため家計を預
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年04月30日 22:56

連続お稲荷様です。一気にみたぜwwwそれでもまだまだ溜まってます。
[ 自由気侭に。 ]   2008年04月30日 23:58

そうか、パパさんがクーを見ても驚かなかったのはそう言うことかしかし、クーとコウはめんこいなぁwそういえば、バイト先に京都弁の天然キャラがいたけど、あまりに馬鹿すぎて1日でクビになったなwコウ強いですねw 龍族がどうとか言ってたけど 龍族=水=白...
[ 極上生徒街-AQUA Marine- ]   2008年05月01日 00:34

コウの手料理
[ Night Bird ]   2008年05月01日 09:41

今回のお稲荷さん。ギャグテイストな中にかなりシリアスな内容を含む話でした。そして今回のような話は、人の死とか、生きる意味とかを考えるきっかけにして欲しいと思います。死ということの意味死んでしまう当人にとっては…死んだらお終いだとか、全てから縁が切れるとかそんな今味に捕らえられるもの。恐らく美弥子さんと会う前の空弦にとって、死というものはそれだけの意味しか持たないものだったはずです。三槌の守り神に祭られた時点で1000年以上生きている天狐空弦にしてみれば長く生きて百年が寿命の人間と生き物の死生観と言うものは理解不能であろうし、また、理解する必要すらないものだった。しかし、そんな彼の醒めた人間観を変えた存在がどうやら、美弥子さんだったみたいです。く〜ちゃんにとっての美弥子さんがどんな存在だったのかは、まだ漠然とした感じでしか読めませんが、それは恐らく特別な存在であることだけは間違いないはずです。それが、どう特別だったのかは…次回あたりくーちゃん自身から方ってもらえる筈。ここでかなり重要なことはくーちゃんにしても美弥子さんにしても、共通の認識として三槌の司祭が短命、数えで30歳を越せないであろうと言うことを判っていながら『人は30年で何かを成し遂げられるのか?』『何も出来んさ』『何かを成し遂げて見せるよ』と言う会話を交わして別離すること20年近く。くーちゃんが美弥子さんの面影を色濃く残す息子たちの元で守り神をしている。その意味をよく考えておきたいものです。くーちゃんは美弥子さんが三槌を離れて成し遂げたことが、何なのか見届けてやりたいと思ったのに違いありません。そして、今回、くーちゃんは美弥子さんが成し遂げたことが判ったようです。さて…今回のもう一方のメインはコウ。コウは三槌の守り女としての訓練と最低限の生きるすべしか身に付けていないということが判りますよね。もちろんそれはかなりバランスの崩れた生き方です。そんな彼女が美弥子の話をしたときの寂しげな透の表情の意味することをうっすらと理解した時、無表情な顔とは裏腹にどんな想いを抱いていたのか…。なんとなく本能的に母性本能が発動していたのでは邪推したくなってしまうような表情でした。そんな中で発生したのがソラマメの妖怪の透、襲撃事件。木気の妖怪に水気で挑むのは、コウにとって不利な戦いで
[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]   2008年05月01日 20:30

今回のお話は、コウさんが何かと活躍するというお話でした。何やら、突然、コウさんが夕飯を作ると言い出して、昇さんと透さんも期待大であります。蓋を開けてみれば、台所からすごい音が・・・・・。鍋の底をあんな風にしてしまうとは、いったいどんなことをしたんでしょうねぇ。で、完成したものは、ちょっと・・・・なもの。それでも、食べ物は無駄にしないようにという言う昇さんが何気にエライと思います。コウさんは、みんなの役に立つことができずに、がっかりしてしまったわけですが、少しずつ何とかしていけることを期待したいところ。しかし、昇さんはまるで高上家のお母さんですねぇ。家計のことをしっかり考えているとは、これはすごいです。まぁ、野郎2人で、お風呂は微妙に嫌かもですが・・・・。2人がお風呂に入っている時に、父上と空幻はちょっとお話であります。お父上様は、空幻のことを美夜子さんから、聞いていたんですねぇ。彼は、彼女が最後まで空幻のことを気にしていたということを伝えたかったようで、これでやっとひと安心でしょうか。何やら、お父上と美夜子さんの出会いは、大変だったみたいですが、着ぐるみはちょっと大変そう。水槌家の司祭は、30歳をまたずに逝ってしまう人ばかりで、短命なのだとか。まぁ、確かに、人間の力を超えたものを使おうというわけですからねぇ、しかし、その短い人生の中で、彼女は本当に人に巡り合うことができて良かったと思います。水槌家も、空幻も何かと大変。家計が厳しいということで、空幻はどこかへお出かけ。透さんも、本屋に一人でお出かけしましたが、道中に何やらいかにも怪しそうな大きな豆が・・・・。透さんにお母上のことを聞いてしまい、彼を傷つけてしまったと思っているコウさん。お母上の記憶がほとんどないというのは可哀想ですが、それでもあんなにしっかりしている彼。すごいと思います。で、その透さん、家計が厳しいと思って、あの大きな豆を追っていくと、やっぱり出ました豆翡翠とかいうやつが。ところが、彼の後を追いかけていたコウさんがすぐに助けに来るも相性の問題で、ちょっと苦戦。そして、空幻は何をやっているかと思えば、池で勝手に魚を調達っと。うーん、これはいけないと思いますよ。どうやら、透さんは、最近までお母上が護っていてくれたみたいで、これはびっくり。死して尚、息子のことを護り続けているとはすごいと思いつつ、それを馬鹿にした豆翡翠の話を聞いて、コウさんがお怒りモードへ。かなりの大技を出すも、透さんを盾に使うとは、何と卑怯な・・・・。またまたピンチになるも、そこに空幻がやって来て、コウさんの必殺の一撃をくらい豆翡翠もやられちゃいました。しかし、本当の姿は何とも哀れ。最後は、やつからたっぷりと豆をもらって、空幻も大満足っと。まぁ、コウさんのおかげで結局は大変なことになっていましたけどねぇ。JUGEMテーマ:漫画/アニメ
[ ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) ]   2008年05月02日 00:44


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/04/29 今日は祝日?雑記 08/04/30 ジーズと姫とガソリン税