2008年04月16日

第2話『お稲荷さま。我が家に住みつく』

今回からは高上家での話しですね。

父親って、えらいのんきだなぁ〜。
妖怪飼ってもいい?って聞いて、なにも驚かないんだから。
大物ですよ。

と一緒の食事シーンって、なんかシュールですね。
テレビに驚くところがまた楽しい。
そら、ずっと封印されてたんだから、テレビのことも知らないんでしょうね。

なんか、見たこと無い男が・・・
なんと、クーの男の姿ですか。
けど、他のシーンでは女の姿になってたり。
どうやら、かなり気まぐれで姿を変えているようですね。

とりあえず、土地の神に会いに行くことに。
なんと、土地の神はコンビニの店長ですか!?
全然神様に見えねぇなぁ。
しかも、何考えているのか全然分からないし。
いきなりクーを攻撃しろって。
さり気なくピンチですよ。
けど、コウが来てくれたおかげで、なんとか助かりましたね。
けど、神社がめちゃくちゃだ・・・

って、エビスさんの目的は神社を破壊することだったんですか。
まぁ、確かにそうしたら近所のコンビニは繁盛するだろうけど・・・ねぇ?

Cパート
呪いのビデオ作りですか。
失敗してデッキ壊しちゃいましたねww

しばらく様子見の予定でしたが、これはかなり面白いかもしれません。
と言うことで、次回も見ます!!

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:18│コメント(0)トラックバック(20)我が家のお稲荷さま。 │

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

鈴ノ瀬の土地神。
[ ミナモノカガミ ]   2008年04月16日 03:02

 第二話「お稲荷さま。我が家に住みつく」高上家にやってきたクーと護り女コウ。幸か不幸か、昇たちの父親、春樹も意外とすんなりそんな非現実的な状況を受け入れ、高上家の新しい生活が始まるのだった。そんな中、鈴ノ瀬町を治める土地神を訪ねたいと言い出したクーに同...
[ 日々“是”精進! ]   2008年04月16日 06:35

我が家のお稲荷さま。公式サイト前回、電車の網棚にきれいにおさまっていたコウ。母親のいない高上家では、昇が家事の一切をしている様子。同じ年頃のコウは頼りになりそうだったのですが、突っ込めるのは、空幻の戦闘中のみ。やはり、一般の日常生活では役には立た....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年04月16日 08:03

第二話『お稲荷さま。我が家に住みつく』この父さんは素晴らしいね。寛大だし、優しい説得力があります。ステキなオジサマです。
[ 沖磨純雲 -おきまもとん- ]   2008年04月16日 09:03

結構早い展開で終わった先週の第1話でしたが、今週は新たなるキャラ「恵比寿」が登場の第2話感想です。※注意:色々とネタバレ含む
[ べっ子さんの日頃 ]   2008年04月16日 10:11

我が家のお稲荷さま。 (電撃文庫)柴村 仁価格何事も食わず嫌いはいかんですな・・・今更ながら6巻まで通して読んで見ました。面白いよコレ!最初読んだ印象では、数ある妖怪物の他の小説に比べ、本格的かな?と思いました。でも、巻を追う事にその辺は有耶無耶になって行く....
[ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2008年04月16日 12:30

【我が家のお稲荷さま・公式サイト】我が家のお稲荷さま・2話『お稲荷さま。我が家に住みつく』のレビューです♪男バージョン・クーちギ..
[ **ユメイチゴ** ]   2008年04月16日 17:09

我が家のお稲荷さま。の第2話を見ました。第2話 お稲荷さま。我が家に住みつく高上家にやってきた空幻と護り女コウ。幸か不幸か、昇と透の父親、春樹も意外とすんなりそんな非現実的な状況を受け入れ、高上家の新しい生活が始まるのだった。「冷たいぞ。夏はここで寝ると...
[ MAGI☆の日記 ]   2008年04月16日 19:47

高上兄弟を守るため、それはこの兄弟の母美夜子との約束でもあったのだろうか。ともかくクー(天狐空幻)と護り女のコウが都会にやってきた「我が家のお稲荷さま。」第2話。高上家での生活の始まりと土地の神への挨拶で組み立てている。テレビに驚いたりするクーは長い間封ぜられていたようだが、その他の現代社会には驚いた風でもない。むしろコウの方が文明生活に慣れないようなぎこちなさを現しているのが面白い。ただ単に隠れドジッ娘の設定なのかもしれないが、実は隠しメインヒロインではないかと穿った見方をしたりしてし...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年04月16日 20:26

【あらすじ】高上家にやってきたクーと護り女コウ。幸か不幸か、昇たちの父親、春樹も意外とすんなりそんな非現実的な状況を受け入ギ..
[ Shooting Stars☆ ]   2008年04月16日 20:35

監督、岩崎さんだったのかw ところで、原作買った覚えあるので探したんですけど……ねぇ! ほ、本を買い過ぎですかねw(これでも最近50冊ほど売ったんだけど) てか資料やらビデオやら多すぎてどっかに混じった可能性があるなぁ 時間見...
[ 極上生徒街-AQUA Marine- ]   2008年04月16日 21:25

いや、原作を読んでいるからあの兄弟の親父さんのあっけからんさは知ってはいたのですが…、あそこまでぬぼ〜っ賭した感じで軽くオッケーを出してしまうとは大した大人物ですね。おいらもああなりたいものです。しかし…『狐飼っていい』じゃなくて『妖怪、家に置いてもいい?』と言う答えが、『うん?・・・、いいよ。』と言うのは、見てくれに騙されて言わされてしまったのか、はたまた全てを分かった上で答えたのかちょっと首をひねってしまう感じですね。でも…狐形態のまま、喋ったくーちゃんに対して『他の人の前では喋らないように』と釘を刺している所、かなりの大人物なのかも知れませんね。その後、巫女服を着ていて三槌の家の守り女をしていると言わなければ、ただの家出少女にしか見えないコウを、同居させるに当たって本人が、庭で充分と言うのに対して、「近所の人に警察に通報されちゃうからそれは止めてほしいな。部屋はちゃんと用意するから」などとごく普通にヤンワリト世間体を気にするあたりも、なかなかいいセンスをしていますね。そのあと、土地の守り神に挨拶をしたいと言うくーちゃんに土地の守り神のいる神社を尋ねられて、神社の場所は答えられても、どんな神様が祭られているのかは答えられないあたり、この兄弟がごく普通の一般市民であることをよく表現していますよね。実際、私にしても自分の住んでいる土地の守り神さまが誰なのかはいまだ持って把握していませんからね。人のことは言えません。いや、そもそも、何処の神社の配下に住んでいるのか判っていませんから、それが判っているだけまだマシなのかも知れません。あと、兄弟の他界した母親、美弥子さんとくーちゃんの関係は次回あたりで、出てくるとは思いますが彼女とくーちゃんの関係と言うのは非常に重要なもののようです。そして、その忘れ形見である二人は二人とも美弥子さんの印象を濃く受け継いでいるみたいです。そして美弥子さんが選んだ男、お父さんも、くーちゃんのお眼鏡に適う人物のようですね。それにしても…この作品、やっぱり面白いです。確かに原作を知らないと、少々ツライ展開ではありますが、それでもこのマッタリギャグテイストと、アップテンポなバトル展開の落差は見ていて面白いと思うのですよ。そんなこんなで今回も…この話の詳しいことはこの記事にTBを貼ってくれた方々のブログを読ん
[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]   2008年04月17日 00:23

うーん、切るか切らないか本当に微妙なところだな。とりあえず二話行きますw
[ 自由気侭に。 ]   2008年04月17日 16:34

兄弟を守るために一緒に生活を始めたクーとコウ。目に映るもの全て新鮮!?「お稲荷さま。我が家に住みつく」あらすじは公式からです。 高上家にやってきたクーと護り女コウ。幸か不幸か、昇たちの父親、春樹も意外とすんなりそんな非現実的な状況を受け入れ、高上家の新...
[ おぼろ二次元日記 ]   2008年04月17日 17:10

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 高上兄弟の守り神となったクーは、昇達が住む町に一緒にやってくるのだが・・・・・それには父親の了承を得なければいけない。 “父さん、妖怪飼っていい?” って・・・恐ろしくストレートに頼む、昇だが、それを事情を知っているのか知らないのか疑問だが、あっさり了承してしまう父もまた摩訶不思議。元三槌家の守り神に祀り上げられた大狐様はペット扱いかよ(笑)。 まあ、単純な父親のお陰で、クーの同居もあっさりOK。さらにコウも同じく同居OKでにぎやかになった高上家だった。 クーは新たな街へやってくたという事でここを管理している土地神様に挨拶しに行く事になるのだが、果たして? 今回は、何故だか、クーと土地神様がバトルしちゃうお話です。 
[ 独り言の日記 ]   2008年04月17日 18:30

1話を見た感じではまぁ順調な滑り出しといった感じだったけど、今回はどうなる・・・?我が家のお稲荷さま。(2)早速感想。妖怪を家で飼う!?そんなどうしようもないくらい信じられないようなことについて了承を得ようと昇は親父に話かけるが・・・。ってな感じで早速障...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2008年04月17日 19:43

第一話 「お稲荷さま。封印解かれる」 今は亡き母、美夜子の生家である三槌家に呼び
[ SUGO FACTORY別館 ]   2008年04月17日 20:08

我が家のお稲荷さま。 (電撃文庫)父親の承諾もとりつけ、高上家で暮らすことになった天狐とコウ。人間の暮らしに興味津々の天狐は、ある日この地の土地神に会いたいと話すのだった・・・。
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年04月17日 21:40

楽しいなぁ~、いやはや、実に楽しい。 恵比寿の商魂逞しさも、コウのズレ具合も、クーの千変万化っぷりも そして最後に極めつけだった父親の天然っぷりも!
[ 風庫~カゼクラ~ ]   2008年04月18日 04:25

我が家のお稲荷さま。 (電撃文庫)(2004/02)柴村 仁商品詳細を見るコメディ系と思ってましたが、実はバトルがメインなのか?
[ 明善的な見方 ]   2008年04月18日 07:39


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/04/15 次から次へと雑記 08/04/16 運転