2008年03月21日

第23話『危難の胎動』

なんかよく分からないけど、とんでもないことが起ころうとしているのは確かなようですね。
悠二零時迷子は抜き取られてしまったようですし。
けど、それでも悠二はなかなか冷静ですね。
一人で時計塔の内部に入って行きましたよ。
セキュリティーで、ドミノのちっこいやつが大量に出てきましたが、悠二にはこんな奴ら雑魚のようですね。
いつの間にか強くなったなぁ〜。
しかし、あんまり存在の力をたくさん使うと、悠二は・・・
まさに命がけですね。

一方、外では何とかして悠二のいる中に入る方法を探しているようですね。
それにしても、佐藤は使えるようになりましたね。
さすがアウトローに行きたいだけのことはあります。

なんとか佐藤のおかげで中に入ることが出来ましたが、マージョリーが・・・・
けど、これも予定通り??

果たして、この実験を止めることが出来るのでしょうか?
そして、零時迷子を取り返すことが出来るのでしょうか?
いよいよ最終回です。
あと1話で収まりきるのだろうか?
それが少し不安ですね。

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 03:07│コメント(0)トラックバック(35)灼眼のシャナシリーズ │

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

あっさりと零時迷子を取られた悠二なんかヘンなロボットみたいなのに奪われちゃいましたけどどうなるんだードーム型の建物に棒みたいなのが刺さってすごい仕掛けが動き出したなんやかんやでシャナ達にも事情が分かりなんとか打開に挑む悠二もずいぶん行動的になりましたなにしても強くなったもんだマージョリーさぁーーん(;゜д゜)なんか普通に忘れられてるwwEDかっこええ〜次どうなるのかすげぇ気になる(ノ∀`)来週は時間変更を忘れないようにしようメモメモ..._〆(゚▽゚*) 次回最終回!どうまとめてくるのか期待ですなここまで盛り上げるだけ盛り上げといてしょうもない終わり方だったらダメですよ〜
[ サブカルなんて言わせない! ]   2008年03月21日 03:26

灼眼のシャナ
[ ゲーム&アニメ感想館 ]   2008年03月21日 06:43

教授ことダンタリオンが超ハイテンションで、自らの計画を雄弁に語る話。今までのことはすべて計画通りらしく、ただ凄いの一言です(笑)。またしても凄まじいスケールで大変なことが起こってしまいましたね。悠二は零時迷子を奪われればただのトーチ、存在の力の回....
[ パズライズ日記 ]   2008年03月21日 07:12

[関連リンク]http://www.shakugan.com/第23話 危機の胎動奪われた零時迷子。ヘカテーに奪われた零時迷子はそのまま銀の鎧の中に取り込まれる。。。ヨーハンの声。異変に気づいたシャナ達...
[ まぐ風呂 ]   2008年03月21日 07:42

灼眼のシャナII 第III巻大命詩篇がついにその真の姿を現す!これまでの戦いを経て、そして母に宿った、新たな命が悠二を強くする!零時迷子を奪われ、刻々と命が吸われ、しかもシャナ達は来ない。それでも悠二は、自分に出来る事を冷静に見極め、零時迷子奪回の為に走....
[ 月の砂漠のあしあと ]   2008年03月21日 11:00

「一体どういう経緯でこのようなものが」「わからない」。o(最近こいつはわからないしか言ってない気がするであります)...
[ Heart of the Daze ]   2008年03月21日 11:03

灼眼のシャナIIの第23話を見ました。第23話 危難の胎動『取られた、零時迷子が…』「あるべき場所へ。目覚めよ」仮装舞踏会の三柱臣が一柱ヘカテーはその目前に悠二から奪い取った零時迷子を置き、大杖『トライゴン』の錫杖を鳴らそうとしていた。御崎市に突如現れた、こ...
[ MAGI☆の日記 ]   2008年03月21日 11:49

ヘカテーの奇襲により悠二は零時迷子を奪われてしまう。ダンタリンオンにロリコン野郎、こんにちはそして自重しろwww
[ ネギズ ]   2008年03月21日 12:36

「御崎市に現れた殻に閉じ込められた悠二はそこでヘカテーに零時迷子を抜き取られてしまうのでした」「灼眼のシャナSecond第23話危難の胎動」「悠二終了のお知らせ…」「いくら膨大な存在の力があっても零時迷子がなきゃただのトーチでしかないから」「…そうだな。存在の...
[ 翔太FACTORY+Face.Chat.Union ]   2008年03月21日 15:14

ヘカテーは大変な物を盗んでいきました・・・
[ 自堕落学生日記 ]   2008年03月21日 17:24

灼眼のシャナII 第III巻御崎市に突如現れた、この世のものではない“殻”。その中に悠二の存在を感じたシャナだが、マージョリーの自在式だけでなく、ヴィルヘルミナのリボンですらその殻には傷一つ付けられない。これほど大掛かりな仕掛けを施せる者とは誰か?シャナの....
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年03月21日 17:55

脚本:小林靖子 絵コンテ:渡部高志 演出:神保真昌登・間本敏 作画監督:梶谷光春・尾崎正幸・川上鴨彦・吉田隆彦・加藤万由子・のりみそのみ・清水勝祐 総作画監督:藤井昌宏突如現れた”能登巫女”ヘカテーにより、悠二の中から抜き取られた”零時迷子”次で最終回という事で前哨戦の23話感想です。...
[ べっ子さんの日頃 ]   2008年03月21日 18:43

JUGEMテーマ:漫画/アニメ “僕がやる事はただ1つだ   零時迷子を取り戻す・・・・それが出来なくても   シャナが来るまで出来るだけの事はやっておくんだ” シャナ?も最終局面へ。 “頂の座”ヘカテーによって零時迷子を抜き取られてしまった悠二。 シャナ達の合流も叶わず、1人迷宮と化した時計塔へ突っ込むのだが・・・ そして、バル・マスケの仕掛けた空間に突入出来ないフレイムヘイズであったが、マージョリーさんの行動が状況を変える。 そして、最後には何やらラスボスぽいのも登場。さて、どういう展開になるのやら。 
[ 独り言の日記 ]   2008年03月21日 19:13

いきなり零時迷子をとられる悠二あっさりすぎる・・・シャナ達が助けにこないってことは進入が難しいと悠二は考える今回も冷静な判斮..
[ 二次元の世界ッ! ]   2008年03月21日 19:54

全てが「 計 画 通 り ! 」by教授
[ 書きたいことを書いてみた(涙) ]   2008年03月22日 01:57

アニメ灼眼のシャナセカンド。発言者:<img src=\"{_img_}dich.gif\">→宵里、<img src=\"{_img_}dic_029u.gif\">→春女です。<img src=\"{_img_}dich.gif\">「レイジマイゴをゲ
[ kasumidokiの日記 ]   2008年03月22日 02:00

危難の胎動 零時迷子をとられた悠二。時計塔を中心に巨大な結界が辺りを覆う。ヘカテーは抜き取った零時迷子を時計塔の中心に注入、どうやったのかよくわからないけど中に投入されていた鎧の片目に。全てが計画通りと教授。順当に行けば順当に計画は遂...
[ 自己満足 ]   2008年03月22日 03:48

うぅ〜む、原作未読のためか、バル・マスケ陣が一体何をしようとしているのか、さっぱり分からぬ・・・。要は、大事そうに保管中の銀の鎧に...
[ のほほんホビー ]   2008年03月22日 03:53

すぅべてが計!画!どぉぉぉぉぉぉりぃ!!準備がパァァーフェクトなら進行もパァァーフェクトなのは順当当然全然、オォォォラァァァイ!!!しかし、それゆえに!ワキワキ沸き立つ興奮はあぁぁぁりませんがぁ!熱狂と、感激を叫ぶエェェェェキサイティングな実験は、こぉ...
[ 翠蛇の沼 ]   2008年03月22日 05:23

ヘカテーによって零時迷子を抜かれてしまった悠二 大丈夫なのか? マージョリーは自
[ アニメ-スキ日記 ]   2008年03月22日 05:30

最後の山場か?終盤、どんな展開になるのか・・・??灼眼のシャナII第III巻/アニメ早速感想。突如現れた封絶とは違った殻。シャナやヴィルヘルミナ、マージョリーでも開くことができないその殻、その中に悠二がいる。そしてその悠二は零時迷子を奪われてしまっていると・...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2008年03月22日 08:36

ついに動き出したバル・マスケ。来週最終回だと思うんですが急な展開ですね。本当にちゃんと終わるんだろうか。しかし何度聞いても...
[ おもちやさん ]   2008年03月22日 13:36

灼眼のシャナII 第23話「危難の胎動」
[ 恋華(れんか) ]   2008年03月22日 13:52

 サブラクを撃退したシャナ達。しかしバル・マスケでは「暴君」と呼ばれる、新たな徒が誕生させる準備が着々と整い、生きていたサブラクは仕事を終え立ち去った。季節は移りクリスマスの季節。父親の貫太郎が御崎市に戻り、千草に新たな命が宿った事実を悠二に告げた。
[ アニメのストーリーと感想 ]   2008年03月22日 14:58

灼眼のシャナ〈6〉 (電撃文庫)高橋 弥七郎価格ミサゴ祭6巻は、「教授の実験」の物語です。6巻が前編、7巻が後編になっています。舞台となるのは、「ミサゴ祭」という御崎市で行われる盛大な夏祭り、その花火大会という恋愛にはもってこいの舞台です。祭りを前にして、手作...
[ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2008年03月22日 15:41

なんかやばそうなロボットみたいなのが目覚めましたね。動力源は零時迷子みたいですけど。そのために近衛史菜で感情を集めたとか。・・・・展開がいきなり速すぎる気がする。EDにまで内容を持ってきやがって・・・・。俺が遅い?俺がスロー(ry結界みたいなものに入るには...
[ スローボール ]   2008年03月22日 15:44

丸尾〜!!!!!丸尾めぇえええーー!!!!何言ってんのかわかんねぞぉぉーーー!!! (大笑)いろいろ説明をしてくれてるんだけど、早いし、ノリノリだし(?)ぬぉ〜;;大事な(重要な)コト言ってんだろうけどさ。ごうのりつぞう???ロボットが起動した? 23...
[ 鳥飛兎走 ]   2008年03月22日 16:34

TVアニメーション「灼眼のシャナ」公式サイト相変わらず無口なヘカテーに対し、これでもかと語りまくる教授。ラスボス的に生成されているモノ、残念ながら飛田さんの興奮絶叫の名調子で、名称を聞き取れませんでした(情けなっ!)。で、こいつ、存在の力を動力、近衛....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年03月22日 17:03

ヘカテー登場&零時迷子強奪で緊迫感が倍々増!な灼眼のシャナ2。 この後半にかけての盛り上がりはスバラシイ。 ・・・放映終了直後、感情のままに書いた記事消えちゃったよ(涙)。 ま、見直して分かった部分もあったので却って良かったのかもしれんけど。
[ 風庫~カゼクラ~ ]   2008年03月22日 17:05

22話も視聴したはずだけど酔っぱらっていたんだろうな。殆ど思い出せん。今回は多少は覚えているからなんとか書けるかな。危難の胎動かあ、お題からして重そうな感じを受けるわな。
[ White wing ]   2008年03月22日 17:27

うまい!!いや、マジでそういうしかないほどうまい。やっぱり、安定して見れるな。シャナはうまいこと伏線を回収しつつオリジナルの展開へ。いや、あるいは原作でもそれをするんじゃないのかって感じだよ。いや、しかしあのフラグは折れちゃったわけだけど。(でもあきらめない。)いやはや、まさか1期のあの存在の泉を利用するとは。教授のエェェェェェキサァァイティィィィングかつエェェェクセレェェェントなお声は聞き取りづらいことこの上ないので、ちょいと整理+解説。まさかのクライマァァァァックスに興奮さめやらぬのですよ。悠二は零時迷子を取られ...
[ 関西地方より発信するぐだぐだな不定期日記(略して日記) ]   2008年03月22日 20:29

業の立像。
[ Dream of hetare the world 跡地 ]   2008年03月22日 21:43

悠二の元に届けられた二通の手紙。クリスマス・イヴの夜、シャナと吉田一美のどちらかの想いに応えるべく、自ら選んだ少女のところへと向かっている悠二。彼の前に現れたヘカテー。突然の登場、ヘカテーは悠二の胸に大きな穴を…零時迷子を抜き取ります。零時迷子を利用したバル・マスケの企みが明らかになる第23話の感想です。
[ さくら日記 ]   2008年03月22日 23:10

悠二から零時迷子を奪おうとするバラマスケ。教授のテンションが異常すぎる(笑)。観終わって、妙に疲れた次回は最終回。シャナが悠二を救って、終了・・・かな。バラマスケとの対決は、またうやむやで終わりそうそして、吉田一美も、Season2では禁断のアイ...
[ まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) ]   2008年03月22日 23:54

灼眼のシャナII 「危難の胎動」です。さてさて大詰めだというのに、どどんと出遅れました。隙を見つけて記事を投稿です。色々整理が大変そうな内容でしたが、よそ様の状況はどうなのでしょうか?ということで、灼眼のシャナII第23話です。あらすじ:『...
[ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2008年03月23日 12:00


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
狼と香辛料 第12話雑記 08/03/21 シルファが好き