2008年02月08日

第17話『それぞれの道』

今回は、タイトルの通り、みんながそれぞれの道を決める話でした。

佐藤は、今まではマージョリーについていくつもりでしたが、自分の力ではそれは無理だと気付いたようですね。
それで選んだのが、アウトローに行くことか。
確かに、アウトローならただの人間である佐藤でも、マージョリーの手助けができますね。
しかし、それもそんなには甘くないようで。

アウトローも襲撃されているようです。
しかも、やっているのはシュドナイかよ。
コレはバルマスケの活動か?それとも、シュドナイが勝手に?

悠二はなにやら鍛練に気合が入ってますね。
まぁ、悠二はもう逃げも隠れもできない状態ですからね。
それにしても、ちょっと気合が入りすぎてるような・・・?
そのうち、悠二が寝返って徒になったりしないよね?

田中は、コッチの世界から身を引くようですね。
まぁ、それもありでしょう。
知らない方が幸せなことだってありますし。
これからは、緒方さんと愛を育むのかな?

サブラク
ヴィルヘルミナでも、殺されかけたのか・・・
もし街にやってきたら、とんでもないことになりそうです・・・

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 17:49│コメント(0)トラックバック(43)灼眼のシャナシリーズ │

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 悠司、佐藤、田中の3人。 悠司はこれから起きるであろう過酷の運命と向き合わなければいけない。前回の戦いでそれを痛感した。 佐藤はフレイムへイズになりたかったが、前回の戦いで何も出来なかった事に苛立っていた。それでも自分の出来る事を探そうとする。 田中は佐藤と一緒にマージョリーさんについて行くことを望んでいたが、前回の戦いで消えていく緒方を見てからその考えも変わろうとしていた。 前回の戦いはこの3人にとってそれぞれ進む方向が分かれてしまう事になっていた。 今回はこの3人のそれぞれについて語られるお話です。 フレイムヘイズの総合支援および情報交換ネットワークの拠点となる場所、外界宿(アウトロー)、その最重要拠点の1つに“千変”シュドナイが迫っていた。 そこにはアウトローの司令塔の存在でもある“愁夢の吹き手” ドレル・クーベリックがいたのだが、殺されてしまったようだ。 シュドナイは少し前から、バルマスケの本拠地から用事で離れていたが、これは世界各地のアウトローを破壊するために各地を転々としていたのだ。 今回の任務は槍型の宝具の“神鉄如意”を使っていることから、重要な任務であると想像できる。 シュドナイの行動によって次々被害に遭って行くアウトローだったが、そのために悠司の謎について調べがなかなかいかない現状になっていた。 果たしてバルマスケの真の目的とは? 悠司はいつものシャナとの鍛錬の中、いつもより殺しの攻撃の回数を増やすよう自分か言い出すのであった。 これは運命に立ち向かう覚悟。先の戦いで悠司は零時迷子には戒禁がかけられている事を知り、そして刻印の自在式を打ち込まれた今、もう悠司に逃げ場はない。そして、この御崎市が騒動を引き寄せ、波乱の因果を導き、フレイムヘイズと“紅世の徒”を引き寄せる“闘争の渦”であるならもっと困難が襲い来る事を悠司は確信していた。 だから悠司は「自分の出来る事をやる」と決意したのであった。 そのために鍛錬を厳しくしてもらったのだが、シャナの攻撃をなかなか対処できないのであった。 だが、何回に1回来る本気の殺しの攻撃を見極める事は出来ていた。もう少しであった。 繰り出される攻撃の中、ひたすら大きな存在の力が一点に収束、鋭い先になって・・・・・悠司はその流れを正確に読み取り、シャナの攻撃を受ける事ができた。シャナの木刀を叩き落す事に成功。だが、爪が甘く、シャナの次の手にあっけなくやられるところはまだまだ未熟。 まあ、はじめて殺しを見切ったのは上々の成果であったのだが、悠司はそれに満足していない。これで本日の鍛錬は終わりと促すアラストールに悠司はまだ続けると申し出るのであった・・・・  今まで仲が良かった佐藤と田中の様子がなにかよそよそしい。 学校が終わると2人ともマージョリーさんのもとへ決まって行くのだが、田中だけは行かなくなっていた。 フィレスとの戦いで消え行く緒方を間近で見てしまった為、もう巻き込まれたくないとばかりにフレイムヘイズの事に関わらなくなっていた。 マージョリーさんも時間が経つまで放っておこうと暢気に構えているが、田中の事を気にしていた。だから佐藤の報告をいつも待っていたのだが、田中はなかなかやってこない。 田中自身も、何かに怯えているのか、すっかり性格が変わったようになっていた。つまり腑抜けているのであった。その事を緒方に指摘もされる始末・・・もう田中はマージョーさんについていこうという夢は無くなってしまったのか?悩む田中であった。 そして佐藤もまた悩んでいた。 前回の戦いで自分には戦闘には参加できないと改めて実感した。以前、フレイムヘイズになりたいと考えていたようだが、それが打ち砕かれたようであった。 しかし、戦闘ではなく後ろから支える仕事であると・・・・アウトローなら生身の人間もそこで働いているし、力になれると道をみつけるのだが・・・・・  だが、マージョリーさんにはアウトローに入りたい意志を言っても咎めらる始末。佐藤の考えは力のないものでも出来るというものなのだが、実際はそうではないのだ。 もうちろん、アウトローにも危険は伴う。ましては現時点、各地のアウトローが襲われている情報がようやく入ってきたばかりであった。まるでマージョリーさんは佐藤のためだというようにアウトローの仕事に就くことを反対するのであったが・・・ それでも佐藤の考えは変わらなかった。逆に甘さを認識し、一歩前へ進むのであった。 一方、田中も緒方のバレーの試合を見ていてようやく決意する。「姉さんには会わない」と・・・・緒方のバレーをしている姿を見て、生きている姿を見たいと、今ある現実を歩きたいと佐藤に告白するのであった。 佐藤もその田中の決意に咎めもせず賛成してくれた。「半端者を卒業した」と田中の決意を後押したのだが、佐藤も、自分の考えは甘いと認めつつ決意したことは覆さず、アウトローに入る道を決意する。 佐藤はアウトローへ、田中は現実世界へ・・・それぞれの別れ、別々の道を歩んでいく2人であった。 悠司も戦う事を決意するが、今、当面の問題は刻印よりも戒禁をかけた“壊刃”サブラクの方である。ヴィルヘルミナをも殺しかけた殺し屋は近くに潜伏している可能性があるという。 一難さってまた一難だが、悠司の決意は吉と出るのか凶と出るのか? 今回は今まで女性陣の悩み、決意などの出来事が多かったが、3人の男性陣のそれぞれの決意を一気にまとめたお話でした。GDGD行くかと思ったが、割と一気に解決してくれてので話の展開としては良かったのではないでしょうか。 アウトローを攻撃しているバルマスケですが、情報網を叩く手に出てきました。重要な情報をほぼ絶たれたフレイムヘイズ側に少々不利な状況のようです。一体、バルマスケの狙いは何なのか?気になるところです。 次回はまた新たな徒が御崎市にやってくるようです。また、戦いの展開になる事を期待します。押していただけると励みになります
[ 独り言の日記 ]   2008年02月08日 17:52

「千変シュドナイによるアウトローへの襲撃と同じくして佐藤、田中が自分の進む道を決めるのでした…」「灼眼のシャナSecond第17話それぞれの道」「今回の悠二はちょっと調子に乗ってませんか」「いくらバルマスケから逃げられないからってあの態度は」「祭蛇へのフラグだ...
[ 翔太FACTORY+Face.Chat.Union ]   2008年02月08日 18:05

灼眼のシャナIIの第17話を見ました。第17話 それぞれの道「話って何?緒方さん」「うん、別に大したことじゃないんだけどさ、この頃皆変だと思わない?」「緒方さんも気がついてた?そうなんだよな、別に余所余所しいってワケじゃないんだけど…何ていうか…。でも田中と...
[ MAGI☆の日記 ]   2008年02月08日 18:16

これはもしかして、日野ちゃまナイス演技!なのか?
[ 書きたいことを書いてみた ]   2008年02月08日 18:30

灼眼のシャナII第17話感想です。
[ ネギズ ]   2008年02月08日 18:53

新しいオープニングって結構、てかかなり?w不評なんですねw 自分はサビが好きなんですけど……まぁ特別好きってわけでもないのでどうでもいいけどw
[ よう来なさった! ]   2008年02月08日 18:56

千変のシュドナイ 第17話「それぞれの道」おお・・・ようやっとこのエピソードやるのか・・・シュドナイによるドレル・パーティー襲撃事件!時系列も何もあったもんじゃないが、そんなのは軽く流せる。“仮装舞踏会”の“布告官(ヘロルト)”(いわゆる連絡係みたいな...
[ 翠蛇の沼 ]   2008年02月08日 19:53

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】悠二から望んだ新たな鍛錬。それは、ヘカテーが打った刻印で「逃げも隠れもできない」なら、自分が強くならなくては…という意思表示でもあった。時を同じく、自分の道を見つけた佐藤は、共に「マージョリーに付いて行く」と決意した...
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年02月08日 20:03

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】嵐が過ぎ去り、一先ずの平穏な日常に漂う嵐の予感!へカテーさんに自在式を仕込まれ、追い込まれた悠二の覚悟は、相当に固いもののようですが、何やら不穏な気配を同時に感じずには居られません。シャナらの与り知らぬ間に、フレイ...
[ 月の砂漠のあしあと ]   2008年02月08日 21:24

17話の感想です。
[ べっ子さんの日頃 ]   2008年02月08日 21:41

シャナ2、第17話「それぞれの道」を見ての感想でございます。
[ 丈・獅子丸の咆哮 (新館) ]   2008年02月08日 21:50

灼眼のシャナ
[ ゲーム&アニメ感想館 ]   2008年02月08日 22:22

清秋祭が終わり日常を取り戻した御崎高校。 みな自分の道を模索し始めている。 悠二
[ アニメ-スキ日記 ]   2008年02月08日 22:31

灼眼のシャナ??  お勧め:普通  [アクション 萌え 存在]  MBS : 10/04 25:25〜  CBC : 10/04 26:25〜  TBS : 10/05 25:55〜  バンダイチャンネル : 10/10〜  原作 : 高橋弥七郎  キャラ原案 : いとうのいぢ  監督 : 渡部高志  ....
[ アニメって本当に面白いですね。 ]   2008年02月08日 22:40

今期はなかなか話が進まないですねぇ〜
[ 明善的な見方 ]   2008年02月08日 22:49

清秋祭以来田中は悩み続け、そしてついに結論を出す話。ここでついに佐藤と田中で道が分かれるときがきましたか・・・。残念とはいえ自分で道を見つけて半端者は卒業、最後の佐藤と田中のシーンは良かったです。冒頭でいきなり何やら襲撃されてましたが、これがアウ....
[ パズライズ日記 ]   2008年02月08日 22:53

★★★★★★★☆☆☆(7.5)自らの進むべき道を模索する少年達の話。作画的には少し疲れ気味でしたが、ドラマでは魅せてくれました。佐...
[ サボテンロボット ]   2008年02月08日 23:21

今回は予想通り、佐藤と田中は別々の道を歩む事となる・・・と言った内容のお話でした。バル・マスケ、シュドナイを筆頭とするアウトロヮ..
[ のほほんホビー ]   2008年02月08日 23:28

[関連リンク]http://www.shakugan.com/第17話 それぞれの道襲撃。バルマスケによるアウトローへの襲撃そして一つのアウトローが消える。。。真竹の相談。池に最近の皆の様子について聞く...
[ まぐ風呂 ]   2008年02月08日 23:59

灼眼のシャナII「それぞれの道」です。あちらこちらのblogを読ませていただくと、新オープニングは、賛否両論のようですね。どちらかというと、絵は良く動くし良い。ただ曲はオープニングと合っていないんじゃないって感じですか。2週目になると少し慣れましたが...
[ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2008年02月09日 00:49

おがちゃんかわええええらしくないよって言い去るおがちゃん(;゚∀゚)=3悠二がかっこよくなってるな決意やこれまでの経験が大きく成長させているのかというかキャラ変わってないか?wwヴィルヘルミナさんもやられかけたと言うほどのサブラク今後大きく関わってきそうですここにきて田中は脱落か(´・ω・`)伏線はあったけどこれは悲しいなぁあんなのを間近で見ちゃったら気持ちもわからんでもないさぁ盛り上がってきましたよ
[ サブカルなんて言わせない! ]   2008年02月09日 00:58

それぞれの道 佐藤と田中が道を違えるお話。でもまぁ前からそういう流れはあったと思うけど、此処で田中も離脱か。 ドレル・クーベリック主催のアウトロー、ドレルパーティーを壊滅させる久々に顔見た気がする将軍シュドナイ。にしても戦闘シーンも碌...
[ 自己満足 ]   2008年02月09日 03:27

今週も感想が書きにくい。原作でははしょった感がある感じのオリジナル展開でしたが、正直このあたりの心理描写を原作で見たかったな・・・まぁ比重としては田中の決意と佐藤の錯綜、そして悠二の暴走。そんな感じではなかったか。外界宿の撃破があっさりしているのは少々あれだったが・・・・というか・・・・来週ゴレンジャーですか・・・・早い・・・早いよ・・・展開速いね・・・14巻じゃないか・・・とりあえず、すごく短いがこのあたりで。ほんと感想書きにくいな・・・・
[ 関西地方より発信するぐだぐだな不定期日記(略して日記) ]   2008年02月09日 05:36

うーむ。田中がヘタレてしまったなぁ。たしかに清秋祭の一件はトラウマになっても仕方ないですが・・・。あれからだいぶ時間も経った??.
[ おもちやさん ]   2008年02月09日 09:11

OP、EDも変わり、そして新たな展開に突入。今回はどんな話に・・・??DVD 灼眼のシャナII第II巻(2/22発売予定)早速感想。悠二は鍛錬を重ね、もっと強くなると決める。佐藤は改めてマージョリーについていくと決意、アウトローで働こうとする。田中は文化祭の出来事以...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2008年02月09日 11:35

別の道。
[ Dream of hetare the world 跡地 ]   2008年02月09日 14:20

SPLENDIDE SHANAII Vol.ITVサントラ発売日:2008-02-22価格【シャナたん的今回のあらすじ】*シャナたんが、ストーリーを簡潔かつ分かり易く纏めてくれています。赤い文字は、マウスポインタをのせると解説が出ます。たまーに、シャナたんの本音が見えたりする時...
[ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2008年02月09日 15:38

灼眼のシャナII 第17話「それぞれの道」
[ 恋華(れんか) ]   2008年02月09日 15:40

池クン今回もGJということで。ホント委員長気質だなぁ;;;周りの事にはちゃんと気づくのに、自分の事には全く疎くて困る。でも、今、吉田さんに・・アプローチかけてもダメだろうね。 (;´д`)トホホ池クンとオガちゃんなかなかやるもんだなと思った。  17話:...
[ 鳥飛兎走 ]   2008年02月09日 16:17

穏やかな日々から遠ざかっていく悠ニは覚悟を置き目吉田一美も付いていく決心を決めたようだがあの二人はどうなのだろうか
[ 自堕落学生日記 ]   2008年02月09日 17:58

今週は佐藤と田中の話。佐藤はアウトローになる道を選んだみたいです。佐藤の内面はあまり描かれてなかったけど、真実の世界を見て自分もなにかしなければと思ったのか、マージョリーさんの役に立ちたかったからなのか、あるいは両方か・・・ともかく、これで佐藤も徒と本当の意味で戦う事になるわけですね。なんか佐藤も悠二同様、主人公っぽいなぁw田中はマージョリーさんの暴走からマージョリーさんに対して微妙に不信感を抱いてるし(和解してるけど、そんな簡単に割り切れないでしょう)、おがちゃんという大...
[ 猫が唸る感想日記 ]   2008年02月09日 18:01

{/hiyo_do/}1回見ただけの簡易感想で失礼します☆『灼眼のシャナ ? −Second−』 第17話 それぞれの道シュドナイは何処を攻撃したのか、その後のつぶやきがよく聞こえなかったので初めは???でした。フレイムヘイズの総合支援、アウトローの拠点となる施設だったのね?佐藤がそのアウトローになりたいと思ったのは、ただ純粋にマージョリーの手伝いをしたい気持ちからなのでしょうか。なんか、悠二への対抗意識みたいのが見えて、真意がわからない〜・・田中はあの後ずっと佐藤を避けていたようです。目指す方向が違ってきてるもんね。一緒にはいられないんでしょう。でもまだ、気持ちが定まらなかったのかな。おがちゃんが一所懸命バレーボールで頑張ってるのを見たら、吹っ切れたみたいです。佐藤にマージョリーへの決別を告げる田中。あのしおりを返すと、封絶の中で今までのように意識を保つ事はないのですよね。ヴィルヘルミナがフィレスを特別に想うのは、命の恩人だからなんですね。かなり百合クサク感じるケド☆ここでまた、新たな敵となりそうなサブラクの名前が。もしかしたら、フィレスは先の再会でヨーハンから色々な情報を聞いたのかも?史菜に刻印を付けられて、焦っているような悠二。シャナはいつも「私が悠二を守る!」って言ってるけど、自分自身も強くなりたいと思うのか、鍛錬にのめり込んでいます。ちょっとらしくない、ですね・・次回 【錯綜の悠二】http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50524990.htmlhttp://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-768.htmlhttp://blogs.dion.ne.jp/nininga/archives/6791947.html
[ マイ・シークレット・ガーデン ]   2008年02月09日 20:34

先週もちゃんと見てたさ、面白いし。 でもレビューは書けなかったさ、ということで一週空けてのシャナ17話。 ・・・前回から変わったOPに若干凹み気味デス。
[ 風庫~カゼクラ~ ]   2008年02月09日 21:54

清秋祭の後のあの一件から吉田一美、悠二、シャナ、田中、佐藤達の意識が変わりましたね。一美はシャナと同じ様に悠二と同じ所へ立つ為にはどうすれば良いのかと考え、ヘカテーから刻印を刻まれた悠二は逃げも隠れも出来ないなら自分が強くなるしかないと自ら鍛錬に励み、マージョリーの力になりたい佐藤はアウトローになってフレイムヘイズの後ろ盾になる決意を固める。
[ White wing ]   2008年02月09日 23:33

それぞれの道を歩み始める第17話の感想です。
[ さくら日記 ]   2008年02月09日 23:50

今週は盛り上がらない回だったなぁ。それぞれのキャラが今後どうして行くのかという戦闘に備えての休憩回みたいなもんか。もうそろそろクラギ..
[ アニメを中心に語ってみるブログ ]   2008年02月10日 02:06

TVアニメーション「灼眼のシャナ」公式サイト予想はしていましたが、とても重い内容となりましたね。冒頭早々にシュドナイがアウトローの施設を攻撃するシーンから始まった今回。彼が随分前に出かけたのは覚えていましたが、その目的はフレイムヘイズの情報発信元の根絶だ....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年02月10日 08:43

 暗躍する将軍・シュドナイ。その目的はフレイムヘイズの情報収集及び援助施設・外界
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年02月10日 10:05

オレ、生身のオガちゃんがいいんだ。。。・゚・(ノД`;)・゚・ ゚グスン
[ 空色☆きゃんでぃ ]   2008年02月10日 10:15

今回は、田中さんがマージョリーさんと別れることを決意するというお話でした。メインはそれだと思いつつ、シャナさんと鍛錬に取り組む悠二さんが、かなり怖かったことが第一印象かも。冒頭に出てきたシュドナイに襲われていた船みたいなもの。「はじめはあれって何だ」とか思いましたけど、あれがアウトローってやつだったみたいです。うーん、しかしフレイムヘイズがいても、ほとんど瞬殺ですからねぇ。シュドナイはさすがといった感じです。一方、今回のメインはなんと言っても、田中さん。清秋祭で、封絶の中とは言え、緒方さんがひどいことになってしまったのは、やっぱりかなりショックだったようで、最近は佐藤さんも避け気味。その佐藤さんはというと、何とかマージョリーさんの力になりたいと思って、アウトローに入ることを考え中。で、マージョリーさんに伺ってみると、いきなり睨まれる始末。うーん、こればかりは中途半端というわけにはいかないようであります。ヴィルヘルミナさんたちは零時迷子について、いろいろと調査中。ところが、アウトローからの情報は中途半端なものが多く、なかなか進んでいない様子。でも、最後に気になる情報を得たようでしたが、どんなことがわかったのかなぁ?悠二さんの零時迷子に自在法を打ち込んだ怪人・サブラク。過去にこいつと戦ったことがあるヴィルヘルミナさんですが、かなりピンチな状況になったのだとか。うーん、彼女でも殺されかけるとは、こりゃ、かなりの強敵。悠二さんは、シャナさんと一緒に鍛錬です。自分が背負った運命と戦うことを決意したからでしょうか、もうかなり気合が入っている彼。って、個人的には気合が入りすぎで、ちょっと怖かったんですけど・・・。あれは、さすがに焦りすぎというは、完全に我を忘れていた感じでした。殺しの気配を感じることができるまでに成長しているようで、成果は確実に上がってきているようですが、うーん、心配かも。そして、肝心の田中さん。迷ったあげく、マージョリーさんたちとの戦いから、手を引くことを決意。うん、何かちょっとまだ迷っている感じでしたけど、しっかり意思を示すことができたのはいいこと。そんな彼の意思を尊重してくれた、佐藤さんも本当にいいやつだと思います。何か、かなりいい感じでしたよ。でも、これから佐藤&田中コンビがみられないのは、ちょっと残念かなぁ・・・。JUGEMテーマ:漫画/アニメ
[ ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) ]   2008年02月10日 13:11

 灼眼のシャナ 関連商品我が冷淡なる教育者 マージョリー・ドー
[ 幻影現実 私的工廠 ブログ ]   2008年02月10日 15:39

 悠二の体内にある零時迷子を狙い動き出すバル・マスケに対抗すべく、自ら新たな鍛錬をシャナに申し出た。その理由は、ヘカテーの刻印によって、逃げも隠れも出来ない状況に陥った悠二が「自分が強くならなければならない。」と思ったからだ。そしてブルートザオラーを使い
[ アニメのストーリーと感想 ]   2008年02月10日 22:59

佐藤と田中、それぞれの決断。佐藤は諜報機関アウトローに入り、本気で戦うことを・・・田中は普通の人間として生きていくことを・・・決意。前回まで、この二人が違う道を歩むことになるとは、思ってもいませんでしたねえ。ずっとマージョリーの金魚のフンなんだろう...
[ まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) ]   2008年02月11日 01:41


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
狼と香辛料 第5話雑記 08/02/08 本屋へ