2007年12月20日

第11話『ever forever』

やはり今回は千尋蓮治の話でした。

ついにあの小説が完成したようですね。
でも、読むのはもう少し先ですか・・・
そら、目の前で読まれたら恥ずかしいですもんね。

2人でデートしようってことになりましたが・・・どうして1日だけなのでしょうか?
せっかく小説も完成したんだから、これから付き合えばいいのに。

デートは・・・まぁ、良くある風景ですね。
ユフォーキャッチャーですかぁ。
さり気なく、ぬいぐるみに混じってモツがいますね(笑)

学校の屋上
ようやく2人でキスしましたね。
今まで、なんだかんだあって出来てませんでしたからね。
で、次のシーンでは・・・もうその先までやっちゃったんですか!?
展開早ぇなぁ。あと、屋上でするなんて驚いたなぁ〜。

そして、ようやくあの小説を読むときが。
最後は女の子が死んじゃうって終わり方にしたのか。
確か、この女の子って千尋がモデルでしたよね?
ということは・・・・なんかマズイんじゃね?
千尋は自分のことゴミだと思って、死のうとしてるのでは?

千尋は、自分の命でもある日記を破り捨ててしまいました。
コレでは、13時間しか記憶が持たない千尋にとって、今の千尋は死んだも同然ですね。
まさかこんな展開になるなんて・・・
この後2人はどうなっちゃうんでしょうか?

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 03:01│コメント(0)トラックバック(13) efシリーズ 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

千尋はできた小説を蓮治に見せるも、ここでは読んでほしくないと そこで蓮治は千尋をデートに誘う 一日だけの恋人と言うことで2人は出かけるのだった 映画にゲーセンへと甘い時は続き学校へ そこで小説の結末を知る。少女が全てを燃やし全てを終わらせる 屋上へ行った千尋に..
[ フカヒレ家 ]   2007年12月20日 03:19

ef - a tale of memories.  お勧め度:普通  [アダルトゲーム]  チバテレビ : 10/06 25:35〜  テレビ神奈川 : 10/06 26:30〜  テレ玉 : 10/08 26:00〜  KBS京都 : 10/09 25:30〜  サンテレビ : 10/09 26:10〜  バンダイチャンネル : 10/10...
[ アニメって本当に面白いですね。 ]   2007年12月20日 03:26

「ef - a tale of memories.」は千尋編のクライマックスの第11話。紘を中心にしたみやこ、景のシナリオでは中規模に広く伏線展開してきたが、今回の千尋編は深く静かに、それこそ千尋の時間と記憶の限界反復のごとく、似たシチュエーションで同じ展開を繰り返してきた。しかしその反復も今回でお仕舞い。千尋シナリオは、小説を書き上げることで千尋自らピリオドを打つことになる。AパートからBパートの小説を読むまでは、蓮治と千尋のデートスペシャル。今までの二人の初々しい関係が、徐々に変...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2007年12月20日 06:18

かでなれおん AV進出決定!独占動画先取り公開中! ※2007年4月2日現在、フィットワンよりプロフィールが削除された模様。削除された理由を知るには動画を見るっきゃない!!
[ かでなれおん AV進出決定!独占動画先取り公開中! ]   2007年12月20日 07:54

今回は千尋が小説を書きあげ、蓮治が千尋とデートするお話。ついに書き上げた小説はさておいて、まずは2人でデート。でもその間も千尋の言動が色々と嫌な予感を誘って、まさか最後にあんな展開が待っていようとは・・・。千尋はついに小説を書き上げたようで、本当....
[ パズライズ日記 ]   2007年12月20日 07:56

前回は、これぞ恋愛物の王道って感じのインパクトのある感動を与えてくれましたが、今回はその逆。 じわじわと押し寄せてくるような感動、というか切なさを与えてくれるエピソードでした。 ラスト間際までは、千尋と蓮治がまるで「普通」の恋人どうしのようです。 千尋に記..
[ アニミスク ]   2007年12月20日 08:13

 千尋が完結させた小説の結末は、蓮治と千尋の関係を終わらせるっていう、千尋の強い意思が込められていて…。  あの結末を見て、千尋も屋上から飛び降りちゃうのかなっ
[ ゆかねカムパニー2 ]   2007年12月20日 09:05

「ever forever」 青空の下、千尋を待つ蓮治。千尋は、原稿を手渡す。「
[ たこの感想文 ]   2007年12月20日 09:17

前回は紘、景、みや中心で全ての話。今回はどうなる・・・??ef-ataleofmemories.1早速感想。やっぱりというか、当然というか、今回は蓮冶と千尋の話。とうとう作っていた小説が出来上がり、それを蓮冶に中々読ませない千尋。一日恋人、お試し期間のデート、その最後に・...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2007年12月20日 09:26

 少女は、少女の世界に一人。
[ LUNE BLOG ]   2007年12月20日 09:45

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 女の子は世界に一人 千尋は物語を完成させた。 物語の結末が千尋と蓮冶の結末でもあった・・・・ “読んでください。それで完成です” 千尋は今まで悩んでいたラストもようやく決め物語を書き終えた。 そして蓮冶が読み、問題がなければこの小説ははじめて完成する。 2人でやった賜物であるから・・・・・・ 果たして、あれだけ迷っていたラストはどうなのか? 蓮冶もすぐ読もうとするが、千尋は今ではなく帰った後に読んで欲しいと、この場で読むことを拒否される。 そして千尋は蓮冶にお礼をしなければいけないと蓮冶に尋ねるのであった。 次の日、2人はデートすることになる。 蓮冶の願いは2人でデートすることであったのだ。 千尋も条件付きでOKする。 それは1日限定で恋人同士がするデートという条件。 そして終わった後に物語のラストを読んで欲しいとも付け足して・・・・・ デート中では蓮冶がエスコートし、千尋を楽しませる。 映画などで千尋を泣かせてしまうところもあったが、本当の恋人のようなデートであった。 蓮冶は今日この日がとても有意義な日であったが、千尋はどうだろう?と考える。 明日になったらこの日の思い出は日記に書いてあることだけ・・・それ以外のことはみんな忘れてしまう。 今までのことも日記では読み返している。だが、所詮はそれだけ・・・・・・ いろんな出来事が起きた浜辺での出来事も片言しか千尋の記憶(日記)しかないのである。 『明日なんてこなければいいのに・・・・』蓮冶はそう呟く。 しかし、千尋は、 『そんなこと言ってはいけません。今日は明日よりもいい日かもしれないじゃないですか』と、少々怒った顔で蓮冶に言うのであった その後2人は学校へ・・・・ 千尋は火村さんから屋上の鍵を貰っていたので一緒に屋上から見る景色を見ることに。 夕焼けが見える景色はとても綺麗であった。 街で一番綺麗な夕日の景色が見える場所。 この雰囲気に蓮冶は今までの想いを千尋にぶつける。 “千尋、好きだよ  僕は、明日も明後日も・・・ずっと  ずっと千尋のことが好きだ  キスしてもいいかな?” 告白、そしてキス。 千尋もそんな蓮冶の想いを受け入れ2人は恋人同士になるのであった。 しかし、その幸せの時間も長くは続かなかった。 本当の恋人になった・・・・しかし、それは昨日までのこと。 今日が過ぎてお試し期間が過ぎる。 そう千尋の13時間というタイムリミットがきたのだ。 そしてそのタイミングで千尋から渡された千尋の小説。 デートの条件の1つであった、デートが終わったあとにこれを読むこと・・・・ 蓮冶はこの本当の意味を知ることになる。 “女の子は世界に一人。だから彼女は神様だった・・・・・   不思議なことが起きた  絵の中の2人が動き出していた 神様はずっと絵の中を覗き込んだ・・・・・  絵の中の2人は楽しそうに笑いあっていた  しかし、絵がぼやけていた  世界そのものが歪んでいた   どうしてだろう?と女の子は思った   女の子に不思議な感情が芽生えた  この感情は形容することが出来なかった  何故、あれだけはっきりしていた絵が見えなくなってしまたのか・・・・  絵の中の2人は笑いあっている。それだけは感じる  彼女は絵を描き直した  何度も何度も描き直した  しかし、悉く同じ結果になった   女の子はよく分からなくなった・・・・   何もかもがよく分からなくなった・・・・   女の子は世界に一人・・・だから彼女は神様だ  神様は世界をもっとずっと綺麗にしようと思った  彼女はすべての絵を燃やした  彼女は城を燃やした   彼女は自分の思い出を燃やし尽くした   最後ニカミサマハ   世界ニヒトツ残ッタゴミヲ―――  崖カラ   捨テタ―――” これが千尋が考え下した物語の結末。 そしてこれは千尋が選んだ蓮冶と千尋の結末でもあったのだ。 物語を読み終え、千尋の意図を察知した蓮冶は急いで千尋の下へ駆け寄るが・・・・ そこにはさっきまでの笑顔であった千尋はどこにもいなかった。  “これが女の子にとって一番幸せな終わり方” 千尋は蓮冶が言う悲しい終わり方を真っ向否定する。 そして物語の結末と今の自分達を重ねこう言う・・・・・ “お別れしましょう”  蓮冶はそれを拒むが、千尋は続ける。 羊の話・・・・鎖に繋がれて草を食べつくしたら死んでしまう羊の話。これを千尋に見立てたら、千尋は長さが12年という鎖に繋がれている。どんなに月日が流れてもそれより外の世界には出られない。手が届くのはそこから13時間だけ・・・・その限定された世界の中で物語を描くということは夢でしかなかった。だから、物語を描き、そしてそれが完成してしまえばすべてが終わってしまう。 “終わる”ということそれは消えるということであろうか? 蓮冶の前から消えようと、物語を描く時からもう決めていたことである。 蓮冶の前から消える。 これは、蓮冶が千尋の心の中から消えるのは嫌だから、好きといえるうちにお別れしたいという千尋の本心の気持ち・・・・・ “蓮冶君はずっと諦めていた小説を描かせてくれました  制服を着て学校へ行けるようにしてくれました   どこにも行き場のない駅から私を連れ出してくれました   それまでの私はずっと上を見ていることしか出来ませんでした  私はいつも泣きそうだったのです   いつも上を見ていたのは涙が零れそうだったからです  そんな私をあなたは抱きしめてくれました  私の為に苦しんで私の為に泣いてくれました   だから私は蓮冶君にも幸せになって欲しい   不幸になって欲しくない  私と一緒にいたら蓮冶君がずっと辛い思いをすることになる   そんなの私は嫌です   嫌いだから消えるんじゃないんです  私にも蓮冶君を不幸にしない方法があったのです   何も出来ない筈の私がそれを見つけることが出来ました  褒めてください  笑ってください   いつもみたいに笑ってお別れしてください  ごめんなさい サヨウナラ・・・・・・” 千尋の言葉を否定する蓮冶は千尋に駆け寄るが・・・・ 千尋は突然、今までの日記を空へ捨てる。 “彼女は自分の思い出を燃やし尽くした最後ニカミサマハ、世界ニヒトツ残ッタゴミヲ―――崖カラ捨テタ―――”  これは物語のこの1文であろう・・・・・これを千尋は実行した。 もう千尋は蓮冶との思い出を思い出すことはない。 記憶の役割を果たしていた日記を捨てたのだから。 記憶を捨てるということは自分も捨てるという自殺行為でろう。特に13時間しか記憶が維持できない千尋だからなおさらである。 “これでもう、蓮治くんを知っているわたしは消えました   これでもう、あなたを思い出すこともありません  これでもう…、本当にお別れです” 風に飛ばされバラバラになる日記帳がとても寂しく見える。 この間にも千尋の記憶から昨日の記憶がちょくちょくと消えようとしていた。 もう千尋の中から蓮治は完全に消えてしまうのか・・・・・ 今回はとても寂しかったです。 千尋の物語の結末、記憶を捨ててしまうこと・・・・・ 正直、予測できませんでした。 ちょっと愕然としたところもあります。 物語を描き始めた頃から蓮治の前から消えると決めていた。蓮治は何も知らず、必死に 千尋に尽くした・・・・・なんて哀しい話なのでしょうか。 千尋はこのタイミングで別れることが蓮治にとって不幸を回避する唯一の手段と考えているが、蓮治にとって果たしてこれで不幸を回避出来るのでしょうか? 千尋にはもう記憶はないが、蓮治は一生覚えているでしょう。時間が経てば忘れるというが、蓮治は千尋と深く関わりを持った時から覚悟していたはず・・・別れても別れなくても蓮治は苦しみから逃れられないような気がしてきます。 千尋は蓮治が苦しんでいることを知っていれば、深く関わらせないように蓮治を遠ざけることを自分で出来たのではないか? これでは自分の夢を叶えたのから、蓮治ポイってな具合(表現悪くてゴメンナサイ)で 私利私欲の為に蓮治を利用したとも思えてしまって何か引っかかる。 分からなかったのは、物語は蓮治に見てもらってOKが出てはじめて完成ではなかったでしょうか? 読んだ後、蓮治はこの結末を納得してないように見えた。これでは物語は完成ではないような気がする。 千尋が自分1人で進めて、終わらせているような気もする。だから蓮治が寂しいというか可哀想に思える。話事体は前半は幸せで後半に急にどん底に突き落とされた感じがしたのでそう見えてしまった。 しかし、この展開の終わり方で次回は最終回。 何が起きる? すごく気になってしまいます。 みやこルートでは始めの段階からある程度予想できたが、千尋ルートは楽しみです。 今回のラスト見た感じでは今期のアニメで群を抜いているような気がした。ラストでの千尋の背景の画や効果音。凄かった。押していただけると励みになります
[ 独り言の日記 ]   2007年12月20日 20:25

第11話「ever forever」駅で待っていれば、そこにやって来た千尋。小説が書けたのだと差し出してくる。早速読もうとした蓮治だが、しかし読むのは千尋が帰ってから……。自分1人では書けなかったであろう小説。千尋は、何かお礼がしたいと申し出る。自分に出来る事ならば何でも――。蓮治は、自分とデートをしてくれないか?と言うが、千尋はデートは恋人同士がするものだと言う。恋人になっちゃ、駄目かな……。切り出してきた蓮治に、千尋は分かりましたと答える。蓮治と千尋は、恋人になる。しかしそれは一日だけの恋人。お試し期間、と言う事で。と、頬を染める千尋可愛すぎるんだけど。
[ ぎんいろ。 ]   2007年12月21日 00:26

屋上でセクロス!・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・
[ 空色☆きゃんでぃ ]   2007年12月23日 06:36


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
みなみけ 第11話雑記 07/12/20 ブログペット