2007年09月10日

第10話『雪嶺の敵』

コルベール先生の死をまだ引きずっているかつカツです。
それでも、戦争は続いているんですよね。

ルイズ虚無の魔法を使って、アルビオンの街を・・・とか、姫様は言ってますが、この魔法は本当に最後の手段として置いておくほうが良いと思うんだけどなぁ〜。
でも、ルイズ姫様の頼みってことで断れないのかな。
サイトは反対だったようだけど。
私も、人殺しのためにこの魔法を使うのは反対ですね。

ゼロ戦を使って、アルビオン上空へ。
ルイズ虚無の魔法を唱えますが・・・失敗。
相当覚醒した状態じゃないと使えないんですね。
しかし、サイトは良い眺めだろうなぁ〜。目の前でルイズが立っているんだから、もうパンツ丸見えでしょう。

結局的に見つかって、墜落してしまいました。
サイトは敵を攻撃するとき、殺さないようにわざと人を狙いませんでしたね。

ルイズサイトの2人で寒さをしのいでいますが、なんか良いムードですね。
サイトは残念ながら気を失っていますが、エロゲなら・・・

下山の途中、相手兵士と遭遇しました。
戦闘かなと思いましたが、仲良くなっちゃいましたね。
まぁ、殺すよりよっぽどいいですね。

それにしても、名誉ってそんなに大事なのか?
それより大事なものがあるんだと思いますけどねぇ〜。
今回はサイトの意見に大賛成ですね。

ジュリオがルイズ達を助けに来ましたが・・・なんか気が抜けるなぁ〜。
緊張感のないやつだ。
まぁ、そのくらいの方がいいけど。

姫様の元に帰っても、まだルイズ名誉とか言ってますね。
どうか、コルベール先生の死を無駄にして欲しくないものです。

web拍手を送る


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

戦場へ赴く理由、戦場で第一に考えることもし自分が戦場へ行く事になってしまったら・・・今回は絶対に忘れてはいけないと思う。ではゼロの使い魔感想です。ゼロの使い魔 双月...
[ ラピスラズリに願いを ]   2007年09月10日 02:58

『ゼロの使い魔〜双月の騎士〜』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第10話 『雪嶺の敵』。 ストーリーは…。 アンリエッタ女王にアルビオン大陸
[ どっかの天魔日記 ]   2007年09月10日 03:52

ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.2アンリエッタ女王にアルビオン大陸の前線まで呼び出されたルイズと才人。一般市民を戦火に巻き込みたくないアンリエッタは、虚無の魔法を使って一気にアルビオン軍を戦闘不能にしてほしいとルイズに依頼する。戦争に荷担したくない才人であ...
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2007年09月10日 03:53

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜  現時点での評価:2.5  [魔法 ツンデレ]  チバテレビ : 07/08 4:30  KBS京都 : 07/08 25:15〜  テレビ神奈川 : 07/08 25:30〜  東京MXテレビ : 07/10 25:30〜  サンテレビ : 07/11 26:10〜  テレビ愛知 :...
[ アニメって本当に面白いですね。 ]   2007年09月10日 08:14

結局戦争に利用されるルイズと才人虚無の魔法は思い通りには使えない模様ルイズの裸〜(;゚∀゚)=3これはいい敵を倒す・倒さない名誉のために死ぬな・カッコつけんな・・・いろいろと首尾一貫してねぇなぁルイズと才人を呼ぶ声最初、あの敵の裏切りかなっと思ってたw(ボヤキ:ゲームとCD、欲しいな)
[ サブカルなんて言わせない! ]   2007年09月10日 08:28

「雪嶺の敵」零式艦上戦闘機ktkr?アンリエッタ王女の頼みなら、人だって殺すんだからっ!使い魔にして犬である才人は、否応無く、ゼロ戦をアルビオンへ飛ばすことに。なんか妙なテンションのアニメになってきたなw
[ ACGギリギリ雑記 ]   2007年09月10日 08:48

「アンリエッタ女王にアルビオンの前線に呼び出された才人とルイズは。虚無の魔法でアルビオン軍を壊滅させてほしいと頼まれる…」「ゼロの使い魔双月の騎士第10話雪嶺の敵」「ルイズは二つ返事で了承したルイズと違い戦争に加担したくない才人は渋々、零戦で最前線まで連...
[ 翔太FACTORY+Zwei ]   2007年09月10日 11:50

 前回、コルベール先生の死によって「誰かを殺すことも、殺されること」をしないと誓った才人であった。 しかし、戦火は広がる一方であった。 今回は途中、久々にツンデレ展開もあるのですが、メインは「貴族の名誉について」才人とルイズの考えが分かれ、多少亀裂が入ります。また、敵の新キャラも登場します。  アンリエッタ女王は戦争の為にルイズと才人を魔法学院から呼び寄せます。 戦火から人々を守るため、虚無の魔法を使って一気にアルビオン軍を戦闘不能にしなるべく正面突破をさける作戦に出ます。 実行の為には2人の力がどうしても必要であった。 アンリエッタ女王の信頼にどうしても応えたいルイズであったが、そのルイズの考えをどうしても理解できない才人であったが、ルイズ一人で行かせることができず、仕方なく付いていくことに・・・・・・・・・・・・・・・ ゼロ戦で戦地に赴く2人であった。 しかし、作戦は失敗に終わる。 虚無の魔法はそう何度も使える魔法ではなかった。前戦争では溜まっていた力を一気に放出したが、今回はそうはいかない。 結局、敵に発見され、墜落してしまう。敵は倒すがエンジンをやられてしまったのだ。 才人は敵を討つのをためらったようであった。 戻らないルイズ達・・・・・作戦は失敗に終わってしまう。 作戦を提案したアンリエッタ女王は咎められていた。 仕方なく、正面突破するはめになってしまった。  しかし、アルビオン側のシェフィールド はもう街を放棄し、軍を撤退させていた。 食料を根こそぎ持っていき・・・・・・ 戦争において食料は大事である。兵の食料もそうだが、残された村人の分。食料が無いと分かるとたちまち戦争の優位が変わる場合もある。それを狙ったのであろうか? まあ、なんにしても被害はあまりなく、町を占領することに成功するのであった。  一方墜落したルイズは任務に失敗したことをすごく悔やんでいた。 貴族の名誉を重視するルイズ。戦争自体反対の才人。お互いの意見は合わず、喧嘩になってしまう。  ここで敵の竜騎士・ヘンリーと遭遇してしまう。 ヘンリーは可愛がっていた竜を殺された事などで才人と決戦になるが、ルイズの提案で助けることになった。 「怪我をした人を放っておいたら、貴族の名に傷が付く」 悪魔で貴族の名の下に行動するルイズであった。  ヘンリーもまた貴族の名誉のために戦っていた。名誉の為に許婚と別れてもである。 戦争で死を覚悟していた。 そんなヘンリーの意気込みを納得できない才人。名誉の為に戦うことが理解できないのである。 しかし、「好きな人を守るために戦う」・・・・・才人は名誉の為に戦う事を唱えている2人に徹底的に交戦します。そして次第に、ヘンリーの気持ちが変わってくるのであった。そして、あれだけ姫様の名誉の為に死ぬ覚悟をしていたルイズでさえも・・・・ 「名誉の為に死ぬなんてただのアホじゃないか。貴族である前に人間だろ。男だろう。何が何でも生き抜いて彼女のところに帰ろうと思わないのか。死ぬ、死ぬって、カッコばっかつけてんじゃねー」 2人とも生きて帰ろうと思うようになります。  そして敵の援軍にヘンリーは助けられるが、ヘンリーは才人達に恩を返し、生きてまた再会しようと心に誓っているのであった。 ルイズ達も「きらりーん」に助けられ、生きてアンリエッタ女王の元に帰る事ができた。しかし・・・・・・ルイズは生きることを学んだはずなのに、危険な任務に赴く覚悟をアンリエッタ女王に誓うのであった。 まだ続くのかよ貴族の名誉口論。いい加減にしなさい。 「貴族の名誉について」今回は才人とルイズの意見が分かれて終わってしまう形になった。この考えの違いは残りのクライマックスに影響が起きるのでしょうかね。 しかし、クライマックスに近いというのに何かしっくりこないです。来週は猫って・・・・・最終回に急展開で終わってしまう形になりそう。
[ 独り言の日記 ]   2007年09月10日 14:14

「わかりました、きっと陛下のご期待に添えるように全力を尽くします」 アンリエッタ...
[ Todasoft Blog ]   2007年09月10日 17:38

『ゼロの使い魔〜双月の騎士〜』第10話の感想です。今回の話と言うのは前回の放送でコルベール先生から出された問いについて、才人とルイズの二人が何かしらの答えを出す為の回だったと思います。この話を終盤を迎える前に入れてきた意味と言うのは、多分これから山場と言え....
[ たなぽんの泣けるストーリー ]   2007年09月10日 18:51

ルイズと才人、いきなり前線へ。貴族として女王の役にたちたいルイズ。戦いも貴族も関係ない才人。名誉を重んじるルイズと才人の考えは平行線…。最後の展開に向けての唐突な展開。このまま最終章まで行きそうで??
[ SERA@らくblog ]   2007年09月10日 19:53

第10話『雪嶺の敵』 シティオブサウスゴーダへの虚無の魔法を使った作戦により ゼロ戦で乗り込んだルイズと才人だったが、 ルイズの精神力はまだ回復しておらず任務失敗。 その上敵軍の竜騎士隊に見つかり抗戦となり、 そのまま雪山へと墜落し、凍えて気を失わせてしまった才..
[ 沖磨純雲 -おきまもとん- ]   2007年09月10日 20:13

原作からしてコテコテの魔法学園モノではないから、アニメではどの方向に振るのか重要であるが、前期はSMラブコメパンツアニメとして一定の成果が出た。今期は「戦争モノではなくラブコメ」と制作者が言っておきながら、ラブコメの要素がないままアニエスに戦火の匂いを漂わせ、遂に今回は戦場に。銃後ばかり書いて前線を書かない戦闘モノであったが、さて本番の戦場は?しかし戦場とは思えないのんびりしたアルビオンの光景。原作がどうであれ、アニメ制作者が戦争を書かないのでなく、戦争を書けない事は容易に想像で...
[ CrossChannel.jp ]   2007年09月10日 21:29

エッロ!前半パートはギンギンに勃起しながら見てました。サイト覚えてないとか頭おかしいとしか思えない暴挙。こいつは脳に障害があるぜ。それにしても、裸で暖めあうのは本当に効果があるのか不明なんだが、
[ Heart of the Daze ]   2007年09月10日 22:16

まだまだ残暑が厳しいです、寒冷地に行きたいな・・・って寒いわっ!!!そしてアンリエッタの戦闘服?DQのあぶない水着なみに役に立たないと思う
[ 自堕落学生日記 ]   2007年09月10日 22:59

ルイズ才人、死んじゃダメ。アンタは勝手に好きとか言ったけど、私はまだ答えてないじゃない。なのに死んじゃうなんてダメ!!ニヤニヤ回だったのか真面目回だったのかいまいちよくわかりませんでし
[ 礎 -ishizue- ]   2007年09月10日 23:17

第10話「雪嶺の敵」  相変わらずシリアス街道まっしぐら。 ですが・・・ 今回は・・・雪山遭難イベントといったらかかせません裸で温めあうイベントキタ━━━(゚∀゚)━━━!!! でも残念なのは才人が気を失っていたってことですよ。二人がいちゃいち
[ ウタウタイ☆アニメ館 ]   2007年09月11日 00:07

前半萌え萌えですねw
[ Ηаpу☆Μаtё ]   2007年09月11日 01:45

「雪嶺の敵」アンリエッタ「諸君、私は戦争が大好きだ!」オープンウォー!コルベール先生が死んじゃったので戦争再開です。敵拠点シティオブサウスゴータの制圧。アルヮ..
[ アーリオオーリオ ドゥーエ ]   2007年09月11日 02:37

 アンリエッタに虚無の魔法で敵軍殲滅の命を受けたルイズ。才人と共に零戦で作戦地点
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2007年09月11日 07:29

 今回の話は構成が悪いですね! つい前回コルベールの出来事があったばかりだというのに、女王に呼ばれ何かと思いきやいきなり最前線に出て戦況を有利にするミッションをやらされるのですから!戦争を反対してた女王が急??
[ 荒野の出来事 ]   2007年09月11日 14:56

アニメ名:ゼロの使い魔 双月の騎士話  数:第10話タイトル :「雪嶺の敵」評  価: smash:★★★☆☆プラス+:未登録デス
[ アニオタライフ - アニメ評価・アニメ感想 ]   2007年09月11日 18:24

ゼロの使い魔 〜双月の騎士〜の10話
[ てけと〜な日記 ]   2007年09月11日 22:19

ゼロの使い魔〜双月の騎士〜「雪嶺の敵」です。「ゼロの使い魔〜双月の騎士〜」の後は、10月から「PRISM ARK」ですか。もうお話も佳境のはずなんですが、戦争が始まっているのか、戦闘が起こっているのかもよく分かりません。どう収拾していくのでしょうか?...
[ 藍麦のああなんだかなぁ ]   2007年09月11日 22:21

アンリエッタの策略(笑)で前線に向うことに…
[ AREHUの凡骨日記 ]   2007年09月11日 22:55

貴族との考え方の相違はやるんだ
[ 自由で気ままに ]   2007年09月13日 01:01

 前線で指揮をしているアンリエッタの元にルイズと才斗が呼び出された。ひざまずくルイズは司令官から「早速だがあなたの魔法を、祖国の為役立てて貰いたい。」と依頼される。地図によると、アルビオンの首都を攻略するには、防衛線を突破しなければならない。そこでトリス
[ アニメのストーリーと感想 ]   2007年09月13日 01:14

久しぶりにルイズ萌えな回でした!
[ 明善的な見方 ]   2007年09月15日 23:37

今回のお話では、貴族としての誇りを訴えるルイズさんと戦いは嫌だという才人さんの考えの差が明らかになってしまうというお話でした。ルイズさんと才人さんは、アンリエッタ女王の命令で戦場へ。女王は、虚無の魔法を使うことで被害を最小限に抑えようというのです。それを引き受けるルイズさんですが、才人さんは何だか納得がいかない様子。コルベール先生の一件があったことも影響しているのでしょうけど、才人さんはやっぱり戦いが嫌いなのです。対して、ルイズさんは貴族として、国のために戦うことは最も名誉なことであるという立場。これは、本当に難しい問題ですね。2人はそれぞれのこれまでの生活環境が大きく違うわけですから。ルイズさんも貴族という立場上、どうしてもそういう考えで行動するしかない。対して、才人さんにはそういうものがない。でも、私は今回の話の中で、ルイズさんも戦い自体を望んでいるわけではないと思っていると考えます。虚無の魔法に失敗して、森の中で出会った敵側の騎士・ヘンリーさん。彼への言動からは、そういう彼女の気持ちが表れていたのではないでしょうか?それにしても、戦って果てようとしているヘンリーさんへの才人さんの物言いはかっこよかったと思いますよ。ルイズさんも言っていましたが、やっぱり死ぬことが大前提ではダメでしょ。いくら国のためといっても、生きることへの執念がないと戦いにも勝てないと思います。敵が迫ってきていましたが、最後はヘンリーさんが囮になってくれて、何とか逃げるようとしますが・・・。そこに、ジュリオさんが大声で探し回るから、結局敵に追い回されることに。ジュリオさん、あれはちょっとないでしょ。まぁ、逃げられたからよかったのですけど。無事帰還したルイズさんは、作戦の失敗をアンリエッタ女王に謝罪し、どんな任務でもやると申し出ます。その発言に衝撃を受ける才人さん。女王の前ではあのように言うしかないのでしょうかね。やっぱり、2人の考えの差はどうにもならないのか。でも、現実に敵が攻めてくるわけで、その時は戦うしかないというのもまた事実。どっちが正しいとも言いにくいところですね。この辺りが、最後の物語の焦点になってくるのでしょうか。ちょっとカタクるしい感想になってしまって申し訳ありません。でも、遭難してからのるイズさんは彼女らしさが出ていてよかったですね。才人さんには気づいていないみたいでしたが、絶対にあんなこといえませんよね。
[ ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) ]   2007年09月18日 02:18


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのコメント


初めまして、DQの危ない水着で思い付きましたが、エレオノール姉さんにもピッタリな装備も考えてみました。
嘆きの盾+地獄の鎧+邪神の面の呪いグッズ3点セットはいかがでしょうか?
普通なら呪いを受けますが、エレオノール姉さんはピサロ同様呪いも弾き返すので。
寝起きの悪いエレオノール姉さんが起こされた時に片手には鞭の代わりに嘆きの盾を装備してツルペタの胸には地獄の鎧を着込んで顔には邪神の面をかぶると才人に与えるお仕置きの恐怖感も倍増します。
1. Posted by エスケプ   2008年03月09日 23:07


エスケプさん、はじめまして!!
なかなか斬新な組合せの装備ですね。
でも、確かに似合いそうですし、サイトも喜びそうですね(笑)
けど、危ない水着も悪くないような・・・
2. Posted by かつカツ   2008年03月10日 02:11

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ななついろ★ドロップス 第10話雑記 07/09/10 夏休みが終わりました