2007年04月22日

第3話『ポルカ 海の底の忘れ物』

えー、今回は水着の話で〜す。

兄弟ゲンカのレベルが低すぎる・・・
つーか、兄弟ゲンカで「お前のかーちゃんでーべーそ」はないでしょう(笑)
多分、同じ親から生まれてきてるはずですよね?

精霊は水中でも息できるんですね。
と言うか、呼吸してるんですか?

戦闘のことは置いといて、今回はコレくらいで。

web拍手を送る


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

「ポルカ 海の底の忘れ物」 沈没した船から荷物を引き上げる、という仕事を受けたツ
[ たこの感想文 ]   2007年04月22日 14:02

コーティが強いのは よく判るけど、戦闘が 単調だよねぇ。もう少し工夫が 欲しいところです。呼吸の心配せずとも海にも潜れて おまけに 強い。つまり 精霊と契約するのなら 高級なのと契約しなさいっていう 見本みたいなものだね。つまらなくもなく、それほど....
[ 幻影現実 私的工廠 ブログ ]   2007年04月22日 15:37

 くそぉ…っ!折角の水着回だというのに作画が好転しない。しかも予告を見るかぎり次回も期待薄。なんてこった…ここまでgdgdなのは経験がないぜ…しかし切る気にならないのは、ひとえに計り知れないポテンシャルを秘めているためと、中の人が豪華だからだ。しかも今回、敵役の精霊の中の人が能登さんとは思わなかった。何てゼイタクなんだ。 …つまり他にとりたててコレという場面がなかったからそこだけが目立ってしまったという事実はあるにせよ。ストーリーもほぼ想像できたしね。 王道的なストーリーで先が想像できたとなると、その次にアラが目立ってしまうのはいきおい作画なわけで(俺の場合)。 特に今回は水着でニーソもなし。本当に辛かった。 アニメ版は今更ながらメタメタなので、原作げいむでも買ってみようかな。絵師の画は惹かれるからなぁ…某掲示板でこの作品のイベント画像を見たとき(ちなみにペルセのお着替えシーン)、コレナンテエロゲ状態だった。一発で惹かれたね。 あと、この絵師のゑろげにでも手を出してみるか。 …こういう興味を持ったという点で、アニメ化の意義は大体達成していると見て良いのか。…その効果が及ぶ人数はごくごく少数なのだろうけど。  WEB拍手ボタンです。セミロリ協会への入会、その他ご意見などがありましたらどうぞ。
[ サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改 ]   2007年04月22日 16:23

神曲奏界ポリフォニカ 第3楽章 「ポルカ 海の底の忘れ物」前回はなかなかの良ストーリーで今後への希望も見えてきたかに思いましたが、今回はかなり微妙。オチは王道なんですが、普通はそこに至る過程でもう少し兄弟がぶつかりあったりするなどあるからこその、この...
[ アニメ・カンツォーネ ]   2007年04月22日 18:13

よくある水着回ですねオッパイオッパイ(;゚∀゚)=3でも作画やばくないか?途中、敵の腕が伸びるシーンがあったけどあの辺の描写おかしかったwwバトルシーンあんまりだなぁ気合玉みたいなのを投げ合ってるだけだったし(原作はどうなのか知りませんが)アニメオンリーの人からしたらこういうものかって思う。あの兄弟終わっとる最後仲直りしたらいいんだがあの二人のせいでいい話が台無しだ。
[ サブカルなんて言わせない! ]   2007年04月22日 18:48

今回のお仕事は、サルベージ
[ こころに いつも しばいぬ ]   2007年04月24日 03:04


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
セイントオクトーバー 第16話雑記 07/04/22 1000!