2006年06月03日

第9話『煩悩とせくはたっ!』
せくはたってセクハラのことなんですね。

今回の啓太はなんか真面目でしたね。
最初は信用全くなかったけど、少しずつ・・・
ともはねなでしこには認められてるんですね。

最後はいつものようにで。

そういえば、啓太犬化してましたが・・・

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 18:18│コメント(0)トラックバック(1)いぬかみっ! │

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

いぬかみっ!キャラクターコレクションCD(4)せんだん&啓太キングレコードTVサントラ, 松岡由貴, 椎名可憐, 菊地創, 福山潤このアイテムの詳細を見る 「せくはた」って何だ?と思ってたら、セクハラのことでした。今どきセクハラなんて誰でも知ってる単語だけど、「せくはた」って言われると、いかにもどっかから聞きかじって仕入れてきた片言単語って感じがしますね。 薫様不在の間いぬかみ達の面倒を見るように頼まれた啓太。もうはしゃぎ回って盛りのついた犬状態でやって来ます。薫のいぬかみ達の間をじゃれつきながら涎を垂らして走り回り、もう我が世の春って感じで楽しそうです。ああ、楽しいだろうな〜、こんなに欲望丸出しで、女の子達にじゃれつきまくれたら・・・。人間辞めるしかないけど。 これは薫様直々のご指名とあって、いぬかみ達も断ることはできません。一同イヤでイヤで仕方がない、こんな変態を神聖な薫様と私達の住処に入れるなんて許せないという雰囲気の中、なでしことともはねだけが「そんなに悪い人じゃないよ」「いくら啓太様でも理性くらいあるでしょ」と寛容です。 強硬派はいぐさとたゆねですかね。いぐさは男っていうだけで怖くてダメな感じだし、たゆねは反発心の方が強いような気がします。でも男が怖いのは興味がありすぎることの裏返しだし、事実いぐさがいつも描いてるのはBLマンガばかり。たゆねに到っては、ホントは恥ずかしがり屋なところを強気な態度で隠しているだけじゃないかって気がするんだよね。 そんな中に、ようこ登場。ここは啓太が粗相をしないように「せくはた」の鉢巻きを巻いて、啓太撃退に乗り出しました。 しかし啓太は必死の思いで己の煩悩を退け、なんとかいぬかみ達にセクハラを働かないように自分を押さえています。 啓太がちょっとでもセクハラを働こうものならすぐに取り押さえてキツイお仕置きをしようと待ちかまえてるようこだけど、啓太はなかなか尻尾を出しません。「こんなの啓太じゃない!」と不満そうなようこ。あの手この手で啓太を誘い、わざわざ水着になったりして視聴者を楽しませてくれますが、啓太は乗ってきません。 啓太が我慢しているなら素直に喜べばいいのに、それはそれで気に入らないんだな。自分の思うとおりに男が動いてくれないと不満なのかも。ううん、女心って分かんない。 そうしているうちに館に忍び込んでいた変態3人組を捕まえることになったり、いぐさの大事なマンガを救ったりして、ジリジリと啓太の株は上昇。そんなはずはない、啓太は本当に変態なんだと主張するようこの方がだんだん不利になってきました。 「ようこさん、仮にもご主人様にその言い方はないんじゃないですか?」な〜んてせんだんに言われて、ようこは遂に家に帰ってしまいました。 本当に啓太は真人間になったのか?。今回は「啓太は実はいい人」で終わるのか?。拗ねて帰ったようこは啓太を見直すのか?。いえいえそんなことはこのいぬかみっ!ではあり得ません。オチになりませんよ。 ようこが帰ったことを見計らった啓太は、さっそくハダカになって女湯?に直行。「みんな一緒に入いろ〜」と飛び込んだところは、ようこの罠でした。人影は洗面器で作った人形。まんまと罠にはまった啓太は、ようこに特大のお仕置きをされて、首輪を引っ張られて犬のように帰って行きました。そこまで啓太の本性を暴きたいのか、ようこ。男の本性なんて、みんな同じなんだぞ。 それでも、いぐさはマンガを救ってもらったし、変態を捕まえてくれたから、プラスマイナス0、いやマイナス2くらいですね、ってところでオチが付いた感じでした。私が愛したアニメ←「おもしろい!」と思ったら押してね!ビッダーズではじめよう!アフィリエイト2.0年に一度の感謝の日・お父さんのおかげですKFE JAPAN EXEMODE 500万画素デジタルカメラ DC516おすすめ度 :販売価格 : 10,290円 (消費税込・送料別) 有効500万画素&デジタル4倍ズーム。もちろんムービーもバッチリだし、32MBメモリも内蔵。メモリーカードなしで、最大173枚を本体に保存OK。おまけにW93×H56×D40mmと超コンパクトでスタイリッシュ。この内容でこの価格は市場最安値。
[ KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と ]   2006年06月09日 19:38


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ニコパク日誌 06/06/03ストロベリー・パニック 第9話