2006年02月03日

第12話「少女」
いよいよ最終回。なにやら非常に重い話でした。

前回の薔薇水晶が金糸雀のローザミスティカを奪ったところから。

Aパート

ついに真紅がキレました!!
キレた真紅はに敵はなし!?
まず水銀燈VS真紅。
真紅強!!
水銀燈をボコボコに。
水銀燈も対抗して力を・・・使わない。
メグの力を使ってることに気付いて力を使うのをやめたようですね。いいやつっすね。
しかしそこへ薔薇水晶が。
なんかえげつないやつですね。
(ここへ来る前にジュンにブチギレてたし。)
水銀燈と真紅を攻撃。
水銀燈は真紅の盾に。
水銀燈がやられてしまった・・・




Bパート

なぜか水銀燈の中にあった蒼星石のローゼミスティカは薔薇水晶のほうへ。(翠星石と双子だからいったらしいですが。)
水銀燈のローザミスティカは真紅へ。
ここで真紅は水銀燈が戦っていた理由を知る。
そして薔薇水晶との戦いが!
真紅が本気でキレたみたいです。
あの薔薇水晶をもボコボコに!
その戦いの最中のこと。
最終回ってこと(なのか知らないけど)で一応全ドール登場!
人形が出たわけじゃないけどそれぞれのドールの力が次々に登場。
かなり激しいですねぇ。
戦いの末、真紅が勝ち、薔薇水晶のローザミスティカを奪おうとしたところに水晶から抜け出したジュンが。
真紅に戦いをやめるように言うジュン。
真紅は薔薇水晶をやる手を下ろす。
そこへ薔薇水晶が真紅の腹にブスリと・・・
なんか卑怯なやつですね・・
真紅のローザミスティカが薔薇水晶へ。
ついにアリスの誕生ですか。
薔薇水晶がアリスになって終わりかと思いきや薔薇水晶にヒビが。
奪ったローザミスティカに耐え切れずどんどん崩れていく薔薇水晶。
偽りのドール・・・
あの槐ってやつは伝説の人形師ではなくその弟子だったのか・・・
薔薇水晶もローゼンが作ったドールではなく槐の作品。
ってことは本当の第7ドールは他に存在するってこと??(ここらへんは第3期を期待していいのかな?)

最後は全て(薔薇水晶除く)のドールが元通りに戻って一件落着。


Posted by かつカツ at 02:14│コメント(1)トラックバック(4)ローゼンメイデンシリーズ │

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

薔薇の眼帯が原作と反対なのは、そういう意味があったのか。で、最後に出てきた白い薔薇の眼帯の薔薇水晶が本物と。もともとのアリスゲームへの疑問を、ジュンに叫ばせたのはよかった。だが、ローゼンが出てきて、直しちゃうのはいまいちだなぁ。ローゼンメイデンでのローゼンの立ち居地は神だし。そうでもしないと収拾がつかないってのはわかるが。不肖の弟子の悪さだし。もともとアリスゲーム自体が重いので、一クールではおさまらないので、こんな構成になったのかなぁ。これどうみても2クールものの第12話だな。最終回じゃないよ、これ。早い時期に次シリーズの発表がありそうだ。雛苺・蒼星石の復活というメインの柱も固まっているしな。次シリーズはジュンがその秘めた才能を発揮する展開を希望。結局のところ、エンジュはローゼンを超えられなかったと思う。ローゼンメイデンはどのドールも薔薇水晶(エンジュ版)より感情が豊かだ。それゆえ、薔薇水晶(エンジュ版)に漬け込まれるわけだが。と、かいていてふと思いついたのだが、本物の薔薇水晶=本物のローゼンではなかろうか?
[ ヨコハマ<オタク>買い出し紀行 ]   2006年02月04日 00:37

      ジャム、馬鹿!!(絶叫) ま、そんなとこでしょう……(何がだ?)ジャムの「闘うな」の声に油断が生じた真紅が薔薇水晶に〜 (;´д`) <悪い人ランキング>1位 ラプラスの魔(白崎)(やっぱお前のシュミだったのカー!!)2位 偽ローゼン(っていうか勝ちたいならもっと人形作れ。<そういう問題?)3位 ジャム(今回はマジ無力やったなあ……)4位 薔薇水晶(最後バラバラになったので順位1つ下げ)5位 ローゼン(本物)(とりあえずお前は何を考えてるのカー?) <意外と考えられてた設定?!>・薔薇水晶に敗れたドールは復活できるけど(<本来のアリスゲームじゃないから)そうではなく(アリスゲームで)敗れたドール(蒼星石、雛苺)はラストの時点では復活せず。※期待はありそうですが?  <<何かラプラスの魔と薔薇水晶とローザミスティカの踊ってるイメージあり※雛苺=真紅に敗れてる、蒼星石=水銀燈に敗れてる・「お父様の記憶はボンヤリとしかない」というのは最後に来て意味がありましたねw・水銀燈が死んじゃったときに、蒼星石のローザミスティカは(薔薇水晶のもとにある)翠星石のローザミスティカを求めてそっちに……というのは「なるほど」と思ったw <ショック死ランキング>1位 水銀燈(薔薇水晶の水晶攻撃が刺さりまくり、まさに絶命)2位 真紅(やはり薔薇水晶に胸を串刺しに)3位 薔薇水晶(顔にヒビが入って全身が崩壊していく)4位 雛苺(動かなくなっていく姿に全米が泣いた!)5位 蒼星石(いい勝負をしてただけに)6位 翠星石(やられ方はある意味ソフト、ただファンの心理的ダメージ)6位 金糸雀(やられシーンはよく見えませんでしたが恐らく串刺し、あと元が弱いのでより哀れ)最下位 偽ローゼン(とりあえずジャムのどこが「合格」だったのか言え) <総括……のようなもの>ニセモノは本物を越えられない……俗に言う「器が違う」というオチで偽ローゼンと薔薇水晶は消滅。なるほどね。原作マンガはまだまだ連載中だし、落としどころとしてはよかったんじゃないかな。一方ではもちろん「ケリをつけなければ」
[ ◆◆◆ テラニム日記 ◆◆ ]   2006年02月04日 06:54

2006/01/27の近況  最終回だったけれど、うーん。スタッフが言っていた「...
[ Syu's quiz blog ]   2006年02月05日 23:40

関西地上波最終回。どう考えても時間が足りませんでしたね。今回は、戦いの果てに6体のローザミスティカが一つに集まるお話でした。怒りに任せて水銀燈を圧倒する真紅はその金糸雀達の倒れた様を見せ、アリスゲームについて問いかけます。水銀燈はまだまだ力が溢れてくるというものの、それがメグの命を奪うことに繋がることに気付きます。そんな水銀燈に更なる攻撃を浴びせる真紅は、蒼星石の痛みはこんなものじゃないと一言。そこに薔薇水晶が現れて水銀燈に背後から攻撃を浴びせ、2つのローザミスティカ出現。それぞれが手にした能力を駆使しての最終決戦となり、真紅が勝利します。しかしジュンの叫びに止めを刺すのをやめた真紅は、逆に薔薇水晶に倒されてしまいます。6体のローザミスティカを手に入れた薔薇水晶の元にお父様が現れますが、そのお父様は本物のローゼンではなく、薔薇水晶を作ったローゼンの弟子でした。薔薇水晶はローザミスティカに耐え切れず崩れてしまい、ひとり残ったジュンはローゼンに向かって叫びます。
[ パズライズ日記 ]   2006年03月05日 17:04


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのコメント


1235431
1. Posted by 123   2006年02月26日 18:33

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 第4話Radio ToHeart2 in CD RATED vol.2