2008年02月28日

第8話『ハジマリ』

今回は、フミカの謎がいろいろと明らかになりました。

キラメキって、昔はかなりいい父親やっていたんですね。
まぁ、次第に今のように狂っていきましたが。
これはフミカがかわいそう過ぎますよ。
前の妻は、どうしフミカを連れて出て行かなかったんだ?

このことに耐えられなくて、出来た人格が、シゴフミ配達をしているフミカなんですね。
だから、いまでも成長しているのか。

キラメキに撃たれたフミカですが、やっぱり無事でしたね。
しかし、実の娘を撃つとは、なんて父親だ。
つーか、なんで家にあんなに銃やら、刀があるんだ?
どう考えても、銃刀法に触れてるだろ。

フミカが、本当の人格のフミカの復讐をするために、キラメキを・・・
でも、ギリギリのところで止められちゃいました。
別に殺っても良かったと思うんだけどねぇ〜。
まぁ、シゴフミ配達人が人殺ししたらマズイか。

春乃のおかげで、キラメキは殺さずに済みました。
これは、なかなかいいことしましたね。

フミカはみんなと少し仲良くなったようですね。
みんな本当のフミカのことを待っているって。
いい友達作ったじゃないですか。

きっと、いつか本当のフミカが目を覚ます時が来るハズですね。

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:37│コメント(0)トラックバック(26) シゴフミ、しにがみのバラッド。 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

美川キラメキ大暴走ww頭がおかしいってレベルじゃねーぞ!!実の娘の体を下書きとして使うっておぃおぃどんな虐待&性癖だよ(^_^;)でもちょっとペンプレイはエロスと思った自分も変態wでもペンで体を刺すのはカワイソすぎるでしょ・・・・虐待されて嫌がりながらも大好きな...
[ おれといっしょに・・・ ]   2008年02月28日 04:26

フミカの謎解きがついにされました。二重人格かあ…ヤ○スの鏡を思い出した管理人は昭和テイスト(笑)。キラメキは自業自得というか撃たれるべくして撃たれたって感じ。あの異様な人格…そりゃ奥さんに逃げられますよ。いつからあんな風におかしくなりだしたのやら…
[ のらりんクロッキー ]   2008年02月28日 05:01

 嫌でたまらなかった。 大好きだった。 愛された。 憎まれた。 振り回され続けた娘は苦しみ、 やがて――。★次回予告と全体考察へのショートカット♯最終更新: 2008/02/27 多少加筆+公式発表の修正について考察☆バンダイチャン....
[ 月の静寂、星の歌 ]   2008年02月28日 05:46

第八話「ハジマリ」傷つけられるフミカ。それを目撃した要は怒り、キラメキに殴りかかる。止めようとする春乃であったが、止める理由が本当にあるのか、ふと思い悩む。春乃たちはこれ以上暴れないように、キラメキを寝室に閉じこめるが、ドアを叩きながら叫ぶキラメキ。リ...
[ 日々“是”精進! ]   2008年02月28日 06:07

欲望に正直で見栄と嫉妬の固まりの大きな赤ん坊だったのが美川キラメキ。彼の美意識の範疇から外れたのか、他の理由があるのか次回で明かされるだろうが文歌を生んですぐに別れた妻への憎しみを全ての大人の女性に向けているかのようなキラメキ。残された分身である文歌への「芸術の時間」と称する虐待。オープニングや第1話に登場した裸体に書かれた文章の意味が初めて明かされる「シゴフミ」第8話。長い長い序章が終わり、ようやく文歌編の「ハジマリ」ミカちゃんとフミちゃん、二人合わせて一人ひとり鬼ごっこ。人格分裂。...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年02月28日 06:52

 フミカが自身の過去を語るネタバレ回。でも、アバンでいきなりネタバレするのはどう
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年02月28日 07:31

シゴフミ!!キラメキ!!もう話の展開りこいつのぶっ飛びっぷり具合のほうが気になる(笑)【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】シゴフミ一通目/アニメ早速感想。二人は1つの体、でも別の人格。自分の父を銃で撃ったその背景が明らかに・・・。とりあえず要のきキラ...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2008年02月28日 07:50

シゴフミの第8話を見ました。第8話 ハジマリ美川邸にシゴフミを配達しに来たフミカが、キラメキとトラブルを起こしてしまった。「フミカ、認証して、早く!!」だが、その時、銃声が響く――。拾った銃でキラメキがフミカを撃つのだった。「フミカ!?」「うん、うんうん。ほ...
[ MAGI☆の日記 ]   2008年02月28日 07:53

なんという展開www フルボッコwww なんだこの家は。 ファンシーってレベルじ...
[ KypDurron's Style 2nd ]   2008年02月28日 09:40

=== キラメキの凶弾に倒れるフミカw ==='''といってもやはり予想通り不死身の体を持つフミカは全然平気のようですの〜(まあ別に負傷してもカナカの魔法使えば直せそうな気もするがw'''{{{発砲したキメラキさんは自習室で頭を冷やしてもらいますw}}}まあフミカの意向もあり警察沙汰にはしたくはないようで…と言っても頭を冷やした程度でどうこうなるレベルじゃないですけどよw >キラメキフミカの元同級生も合流し、...
[ 時空階段 ]   2008年02月28日 10:17

ハジマリ フミちゃんとミカちゃん。一人の少女は自分で自分に受け答えをしている。 前回キラメキに撃たれたフミカ。でもやっぱり撃たれても傷は自動で治るみたいです。痛いことは痛いらしいけど。キラメキは要が何発もぶん殴って閉じ込めておきました...
[ 自己満足 ]   2008年02月28日 13:38

まさかの!?そりゃ、気づかんわw※あらすじ傷つけられるフミカ。それを目撃した要は怒り、キラメキに殴りかかる。止めようとする春乃であったが、止める理由が本当にあるのか、ふと思い悩む。春乃たちはこれ以上暴れないように、キラメキを寝室に閉じこめるが、ドアを叩...
[ 極上生徒街-AQUA Marine- ]   2008年02月28日 13:43

シゴフミ テレビアニメ公式サイトシゴフミ マル秘日報今日は一段と電波状況が悪く、途中「真っ青」になることもしばしば。しかしながら、前回のあの状況を月曜深夜(もしくは、火曜夜)まで放置できず、強引に視聴しました。後日テレ玉で確認、誤りがあるようでしたら「....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年02月28日 13:54

さて、まさか今回の話であっさり一区切りつくとは思ってませんでした前回キラメキに撃たれたフミカですがもちろん配達人だし大丈夫でしたそれよりもキラメキをボコす野島にわらってしまったさてフミカと文歌についてですが二重人格だったんですねふみちゃんとみかふみかと...
[ にき☆ろぐ ]   2008年02月28日 14:19

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 前回、キラメキがフミカを銃で撃つという衝撃的な終わり方だった。 だが、シゴフミ配達人であるフミカは死なない。すぐさま驚異的な回復力を見せ、すぐさま元通り・・・ だが、そこに居合わせた要達はこの光景を見てフミカが何者なのか?と聞く権利がある。フミカは自分の事を話始めるのであった。 フミカは文歌の片割われと前回そう言っていた。それは父のキラメキの歪んだ愛によって心が分裂してしまい、同じ人間の中に違った人格が生まれたのだ。  美川キラメキは妻に裏切られ以降、自分の分身である文歌を溺愛していた。キラメキは文歌を幼稚園や小学校にも通わせず、自分で教育して育て上げた。 だが、しかし、その教育が間違っていたのだ。芸術の時間と称したその時間・・・文歌を溺愛しているがその反面に文歌を裏切った妻への憎しみの対象ともしていた。 それがある種の虐待とも言える行為・・・文歌の体に直接、小説の下書きを描き、そこでアイデアを練っていたのだ。 ガラスペンで直接体に描いていく行為は相当な痛みを伴ったに違いない。そんな中でも文歌は耐えた。父の事が好きだった・・・だがそれを主張してもキラメキは「嫌いだ」と連呼。そんなギャップが文歌の中で錯綜し、それによって、フミ(元々の人格)とミカ(フミカの事)という2つの人格が形勢される。 フミの方は全ての表の人格を引く受けていた。ミカの方は頭の奥からフミの行動を見守っていたにすぎない。 という事は、虐待全てをフミが背負っていたという事になる。ミカは表の人格になる事はなかった。だが、キラメキの虐待によってフミの命の危機が感じられたときに、ミカは表に出てきた。そしてキラメキを撃ったのだ。 その後、フミはキラメキを撃ったのは自分だと思い込み、ショックで寝込んでしまった。それが3年今もまだ眠っている。そしてミカの方の人格は何らかの形で死後の世界に行き、シゴフミ配達人になったようなのだが・・・・ そして時が経ち、ミカはキラメキを自分で裁く・・・つまり殺す目的でここにやってきたようなのだが、それは果たさず終わる。 だが、キラメキには違う形で罰を受けてもらう。フミの治療費を稼ぐために小説を描かないといけないという使命を負わさせる。 文歌がいないと描けないと言うキラメキに対して春乃さんんから「甘えるな」と厳しい声が・・・キラメキはきっと尻に敷かれて描けるようになる・・・そう思えました。 これによって誰も死なず今回の騒動は終わりを迎えた。 ミカはフミが目覚めるのをこれからも待つと決意し、それに要達も一緒に待つと賛同してくれるのであった。最後は友達が出来、良い終わり方でした。 今回は謎解きのお話でした。 フミカの謎がかなり解明されたのではないでしょうか? まあ、殆どの原因がキラメキの歪んだ愛という形でしたが、今回謎解きをして、まだ話は残っているのですが、さて何をするのでしょうかね。それは楽しみです。 (今回は体調がかなり悪いので簡単に終わらせます)押していただけると励みになります
[ 独り言の日記 ]   2008年02月28日 18:34

シゴフミ 一通目傷つけられるフミカ。それを目撃した要は怒り、キラメキに殴りかかる。止めようとする春乃であったが、止める理由が本当にあるのか、ふと思い悩む。春乃たちはこれ以上暴れないように、キラメキを寝室に閉じこめるが、ドアを叩きながら叫ぶキラメキ。リビ...
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年02月28日 20:02

JUGEMテーマ:漫画/アニメ父である美川キラメキから無上の愛を受けて育てられた文歌。しかし、その容姿が年を追うごとに2人の元を去っていった母に似通いだしたためか、キラメキから憎しみをぶつけられるようになってしまう。「芸術」と称しての虐待。そして、自己防衛のための人格分離。文歌は「フミちゃん」と「ミカちゃん」の2人が混在する肉体となってしまい、ある日、「フミちゃん」の精神が限界に達したため、「ミカちゃん」が彼女を救うためにキラメキを銃で撃った……とまぁ、真相はこんな感じでしょうかね。キラメキの虐待の事実については、もっと過激に描く構想があったんじゃないかと匂わせるところが多々見受けられました。それが、社会的に配慮してああいうストーリーになったのではないかと。しかし、少々インパクトでは見劣りするものの、その行為自体が目的ではないのだからこういう演出は正しいんじゃないかなと感じました。十分、観る人によっては伝わっていると思いますし。そして、ここで前々回のフミカの言葉が生きてくるというわけですか。生命の危機を感じ、いじめっ子を刺してしまった少年に対して、彼女が呟いた言葉。「彼は社会的に死んだ。でも、動物としては生きた」とは自身に対する言葉でもあったというわけですかね。キラメキの虐待に堪えられなくなったフミちゃんを救うために父に銃口を向け、社会的に死んでしまったミカちゃんは、斯くしてシゴフミ配達人となった、と。そして殻に閉じこもってしまった分身を見守るために、この街に留まり続けているというわけで。演出的にも脚本的にも面白い回でした。ここに来てシゴフミは期待度急上昇中。今回、意外と年を重ねていることが判明したチアキさんも加わって、どうやら来週は入浴シーンが拝めそうな次回予告。これは……期待せずにはいられません。
[ うかばれないもの ]   2008年02月28日 20:13

最終回っぽさ自重。文歌(フミカ)とキラメキの壮絶な過去が分かった回でしたね。撃つアニメっていうなww
[ 続・たてまつやんの戦闘記 ]   2008年02月28日 21:00

アニメ シゴフミ 第8話 「ハジマリ」を視聴。二人で一人のふみちゃんミカちゃん。ガラスのペンで身体に書かれる文字で、美川文歌とフミカの関係を予測できたかもしれないのに残念。...
[ アニメ感想情報メモ ]   2008年02月28日 21:07

シゴフミ 一通目 キラメキに撃たれたフミカ。 しかしその傷は自然に癒え、彼女が死ぬ事は無い…。
[ みるとるん ]   2008年02月28日 22:20

今回は、フミカの過去が語られるお話でした。文歌はフミとミカという2人に分かれ、そのミカとしての意思が今のシゴフミ配達人のフミカだったということですか。とりあえずキラメキの行動はあまりにも酷くぶっ飛びまくってますねぇ。自分でフミカを撃っておいて、銃....
[ パズライズ日記 ]   2008年02月29日 01:25

ハジマリ シゴフミ 第八話a 自分大好きだから自分自身の分身である僕を愛したからどうぞ学校が好きだったから。君を振ったのは驚いてつい。葛西春乃はファンレターを。部屋から出た...
[ アニメ感想情報メモ ]   2008年02月29日 08:26

美川文歌は父美川キラメキに虐待を受けた結果、フミちゃんとミカの二つの人格に分裂し、フミちゃんは意識不明で入院、ミカ(フミカ)はシゴフミ配達人となった・・・と娘のカラダにガラスのペンで下書きを切り刻むというキラメキの虐待は異常すぎて、まったく理解...
[ まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) ]   2008年03月01日 00:54

キラメキ☆SHOT
[ 空色☆きゃんでぃ ]   2008年03月01日 08:07

愉快なお父さん 妻に逃げられたショックでおかしくなったのか?  おかしかったから妻に逃げられたのか?取り敢えず、相当妻を憎んではいたようです。成長するに連れ裏切った妻に似てくる文歌 おかしいお父さんに 文歌と妻の区別が付くわけがなく始まる虐待 でもおかしな精神から生まれてくるのは  至玉の作品普通の人が普通の作品を書いても売れないのが現実 出版社は虐待の事実隠蔽に手を貸すこうなると文歌に味方はなく 辛い現実から逃げるためもう一人の自分を生み出す結果になるそれがフミカ 声はなぜか割烹着の悪魔 フミカは文歌を守るためおかしなお父さんを撃ってそのショックで文歌は精神が死んで 精神体であるフミカは死んで シゴフミの配達人というらしい 二人は完全に別れたわけでないようで、ある程度連動はしているのねとなると 最終的には二人が融合するのかな? それとも 完全に別れてエンドかな?という設定が判明する話でした。 で今回の話で おいしいところを独り占めしたのはお姉さんですね 幼児性だけど 格好良く金持ち  ある意味うまくコントロールすれば最高の旦那になるキラメキ それを見事にゲット  将来は明るいか?
[ 物語を食べて生きてます ]   2008年03月01日 08:48

シゴフミって何か安心感があるなあと思ってたんですが、要は”オーソドックス”なんですよねw今回はキラメキの虐待でフミカの人格が分裂する過程が描かれていたわけですが、これはカンセリング系の本では必ず取り上げられている話でもあります。※「作家は壊れやすい」ってのもねw〜ピュア系は特に?注)だから「ありきたり」というのではないのです。 作品の価値は「描くこと」そのものの中にあるのです。で、まあ、感想としては、 最終回乙とかチャットなら書きそうな気がwどうだろう、最終回では分裂した二人は一つになれるのかな?でも、シリーズのことを考えるとそれは「先延ばし」になるかもしれないwシゴフミ
[ ◆◆ テラニム日記petit ◆◆ ]   2008年03月02日 19:38


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/02/27 続エンスト狼と香辛料 第9話