2008年02月21日

第7話『キラメキ』

今回は、フミカが撃ったキラメキの話。

キラメキって、まだ生きていたんですね。
てっきり、撃たれて死んだものだと思ってました。

それにしても、キラメキって変な人ですね。
果てしなく子供っぽいというか、なんというか・・・
こいつの相手をするとなると、かなりしんどそうですね。
急に、人の腕に何か書きはじめたり、雨が降ってきたら外に出て踊りだしたり・・・
何がしたいのか、よく分かりません。

フミカキラメキ宛シゴフミを持ってきました。
どうやら、キラメキのファンの人からのようですね。
でも、シゴフミってことはやっぱり・・・死んだ人からなのね。
なるほど、確かにキラメキの作品は自殺の後押しをするような感じの内容ですね。
このシゴフミを書いた人の気持ちも分からなくはないです。
けど、キラメキはこのファンレター(?)を燃やしてしまおうと・・・
まぁ、普通に考えたら、死んだ人から手紙が着たら気持ち悪いですしね。
まぁ、キラメキが燃やそうとしたのは、別の理由みたいですが。

突然フミカキラメキに銃口を。
また撃つのか?
と、ここで邪魔者がきましたね。
そして、銃はキラメキの手に。
それで、フミカを撃っちゃいました。
なんか、この急な展開についていけないんですが・・・
とりあえず、次回を待つとしますか。

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:26│コメント(0)トラックバック(25) シゴフミ、しにがみのバラッド。 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

あぁ〜キラメキ※あらすじ葛西春乃は、文歌の父親で作家・美川キラメキの担当を任される。ところが担当初日に朝寝坊。なんとか直接キラメキ邸へ向かうことで遅刻をまぬがれはしたが、肝心の地図を忘れてしまい、妹の夏香に携帯まで送るようお願いをする。パソコンが苦手な...
[ 極上生徒街-AQUA Marine- ]   2008年02月21日 03:05

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  美しいモノが好きで、美しさに至上の価値があると思っている文歌の父である作家・美川キラメキ。実の娘に撃たれた謎が多かった人物であったが、今回は彼にシゴフミが届けられるお話です。そしてその配達人は今眠っている文歌の恐らく関係があるフミカであった・・・・ 話は順調に進むのだが、最後衝撃的な結末が・・・果たしてどうなる? 美川キラメキの本を読んで中学生の女性が1人、ビルから飛び降りた・・・・ とある出版社の編集部働く葛西春乃は入社してから雑用(コピーとお茶汲み)の業務しかやらせてもらえなかった。周りは結婚など浮いた話題が尽きないが、春乃に至っては小説を読んでいるほうが好きなので大して関心を抱かなかった。 だが、そんな春乃に転機が訪れるのだった。なんと出版すれば80万部は売れるという人気作家の美川キラメキの担当になるチャンスが巡ってくるのだ。
[ 独り言の日記 ]   2008年02月21日 03:49

シゴフミ第七話「キラメキ」撃った娘、撃たれた父、そしてコペルニクス的転回  
[ 裏オタク ]   2008年02月21日 05:39

フミカの過去の謎と美川キラメキへのシゴフミが軸の7話。いいところで終わっちゃいましたねえ。来週見るしかない展開に持っていくとは抜かりがない。要だけでなく、葛西姉妹とフミカが大きく関わることになったのもポイントの一つかなと。(ちなみに姉の春乃役は折ちゃんで
[ のらりんクロッキー ]   2008年02月21日 06:00

第七話「キラメキ」葛西春乃は、文歌の父親で作家・美川キラメキの担当を任される。ところが担当初日に朝寝坊。なんとか直接キラメキ邸へ向かうことで遅刻をまぬがれはしたが、肝心の地図を忘れてしまい、妹の夏香に携帯まで送るようお願いをする。パソコンが苦手な夏香は...
[ 日々“是”精進! ]   2008年02月21日 06:08

JUGEMテーマ:漫画/アニメ制作側の意図に嵌ったというか、勘違いしていたというか。美川キラメキは実は撃たれただけで死んだわけではなかったんですね。いきなり葛西春乃が担当として彼の家を訪れるという展開に違和感を覚えたんですが、ようやくその事に思考が至って納得。いきなり人の腕にペン書きしたり、お天気雨に喜んで庭に飛び出すといった仕草は、かなり子供に近いものが。今まで「壊された」という女性達は、この子供じみた行為を「純粋な人」と勘違いしてしまったということですかね。……ありえねぇ。そして今回のフミカの仕事は、ファンからキラメキに宛てて書かれたシゴフミの配達。実の父親のところへ行くということで、出発前に彼女は「文ちゃん」と対面するワケなんですが、その後の言動などから想像するに、フミカはキラメキの生み出したキャラクターの一人って事?キラメキ先生が別の女との間に作った隠し子という線も考えてみたけど、いや、そっちだったらかなりどん引きだし。まあ、いきなり核心に迫るような話を持ってくるとは思ってもいなかったとので少々混乱が。いきなり父親に撃たれて、次回はどんな話になるのか楽しみなんですけどね。あと、要の気を惹こうとやきもきする夏香の健気っぷりにも好感が持てた。
[ うかばれないもの ]   2008年02月21日 06:12

シリーズの前菜のようなシゴフミを受け取る側の話、メインのフミカの物語とがシリーズ中盤でようやくクロスしてきた「シゴフミ」第7話。美川キラメキの禍々しく過剰な美意識といい、はぐらかすかのようなシリーズ構成といい、視聴者の感情を逆撫でするような意図が感じられ不快に思うのは、忍耐が足りないのだろうか。美川キラメキの書く死後の世界に感化され自殺した少女のシゴフミ。それをフミカが美川キラメキに配達することになる。てっきりフミカに撃たれて死んだものだと思っていたが、生きていた。出版編集者の春...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年02月21日 06:25

キラメキ リアルで忙しいせいで感想書く暇もないんだけどこれは書いておきます。今回はレビューは適当にいきます。ビルの上に立つ一人の女性、その手に持っているのは美川キラメキの小説。編集会社で美川キラメキの担当を任された女性葛西春乃。彼...
[ 自己満足 ]   2008年02月21日 06:52

今回はフミカの謎についての話でしたしハジケてて面白かったですとりあえずキラメキ自重しろさて、以前文歌が父親を撃ったとは言われてましたが普通にキラメキって生きてたんですねこれはちょっと驚きました最初キラメキは死んでいるとおもっていたので時間軸の把握に手間...
[ にき☆ろぐ ]   2008年02月21日 07:21

シゴフミ テレビアニメ公式サイトシゴフミ マル秘日報美川キラメキ、自分はてっきり、フミカはキラメキを撃ち殺したものと思っていたのですが、確か、2話ぐらい前のアバンで登場していましたよね。あのときも、かなり独創的なキャラだな〜とか思ったのですが、今回は流...
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年02月21日 07:46

シゴフミの第7話を見ました。第7話 キラメキ相変わらずキラキラで変人すぎるキラメキの担当に抜擢された入社して三年目の春乃は夏香の姉だった。フミカのことを調べていた要は夏香にフミカが父を撃った理由を聞くために電話する。『もしもし、要くん』フミカの今度のシゴ...
[ MAGI☆の日記 ]   2008年02月21日 07:54

前回はとても後味の悪い終わり方。そして今回はキラメキ(笑)どんな話になるのか・・・??DVDシゴフミ一通目《予約商品03月発売》早速感想。夏香の姉はキラメキの担当を任される。フミカは同じタイミングでキラメキにシゴフミの配達を。その前に病院で寝たきりの文歌に会...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2008年02月21日 09:06

= キラメキ最高www =フミカを探る元同級生男子なんとか手がかりをとフミカの旧友である女子に接触〜'''う〜むこれは良い千葉紗ヴぉいすキャラだw'''更にその千葉紗キャラの姉がなんとフミカ父であるキラメキの担当につく事になるという連鎖的展開w{{{こちらは折笠富美子ヴぉいすという訳で、中核となるキャラは豪華キャストですの〜}}}とにかく初仕事としてキラメキの自宅を訪問する富美子キャラ人里は離れた所で奇抜...
[ 時空階段 ]   2008年02月21日 09:42

脚本:大河内一楼 絵コンテ:佐藤竜雄 演出:長井龍雪 作画監督:岡本真由美先週の6話でストーリも、あと半分になりました。そんな今回の7話感想です。
[ べっ子さんの日頃 ]   2008年02月21日 16:56

シゴフミ 一通目 次のフミカのシゴフミ配達宛先は、美川キラメキだった…。
[ みるとるん ]   2008年02月21日 17:52

 『美しく残酷な詩人』 、美川キラメキ。 葛西春乃は、新作がなかなか出ない彼の、新しい担当編集となった。 一方、美川文歌が今どうなっているか知った野島要は、 文歌の友達だった夏香に改めて接触する。 そして、フミカに今回託されたシゴフミの宛先は…...
[ 月の静寂、星の歌 ]   2008年02月21日 18:18

シゴフミ 一通目葛西春乃は、文歌の父親で作家・美川キラメキの担当を任される。ところが担当初日に朝寝坊。なんとか直接キラメキ邸へ向かうことで遅刻をまぬがれはしたが、肝心の地図を忘れてしまい、妹の夏香に携帯まで送るようお願いをする。パソコンが苦手な夏香は、...
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年02月21日 18:47

いよいよフミカの謎に迫るとき少女の狂気の元凶とは?
[ 自堕落学生日記 ]   2008年02月21日 20:24

シゴフミ  お勧め度:ややお勧め  [ファンタジー]  チバテレビ : 01/05 25:35〜  テレビ神奈川 : 01/05 26:30〜  テレ玉 : 01/07 26:00〜  東京MXテレビ : 01/08 26:00〜  サンテレビ : 01/08 26:10〜  KBS京都 : 01/08 25:30〜  三重...
[ アニメって本当に面白いですね。 ]   2008年02月21日 23:18

 今回のシゴフミの宛先はミカワキラメキってえぇ!?生きてるのかよ!  てっきり過
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年02月21日 23:36

あれ?これ?過去?今?
[ アニメ好きのケロポ ]   2008年02月22日 02:00

美川キラメキはフミカこと美川文歌に撃たれていて、それ以来、文歌は意識不明で入院している・・・のだから、てっきり故人だと思っていたのですが、まだ生きていたんですねえ相変わらず変態ちっくな性格で、娘から撃たれても変わらなかったみたい。で、キラメキの...
[ まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) ]   2008年02月23日 00:44

すごくキラめいてる゚・。*(´∀`*)。・゚+
[ 空色☆きゃんでぃ ]   2008年02月23日 17:42

鬱展開が続いたため今回は愉快なお父さんが登場です。 お父さん登場でてっきり過去話しかと思ってましたが フミカに撃たれても生きていたのねお父さんの新しい担当になったのは 要の事が好きな夏香のお姉さん春乃春乃さんは 3年目だけどコピーしかやらせてもらえない無能印 壊れても会社として困らないので担当にさせられたようです ううっ担当になれて喜んでいたのに、こんな裏があるとはさすがシゴフミ喜んで お父さんのところに行くと お父さん もう元気元気 銃で撃たれた傷はすっかり完治もう 若い子の肌に詩を書くは雨の中 はしゃぎ回るわ 元気元気でネジが一本くらいぶっ飛んでいってしまったようですこんな お父さんなのに 春乃はときめき フミカが来なければ きっと放送出来ないようなことするはずだったのですがフミカが来てしまいました でお父さん フミカをじっと見て 郵便屋さんだと推理  いやお父さん その前に気付くことないのか?  要だって気付いたんだぞ 呆れたようにシゴフミを渡すフミカ受け取ったお父さん 猛ダッシュ おおっ流石にシゴフミには恐れを抱いたかと思えばライターを持ってきました こんな駄文燃やしちゃえ〜ということですあまりにとに フミカが正体を晒しても 動揺無し 平然と春乃に紹介を始めるあまりの無敵ッぷりにフミカの堪忍袋が切れたのか 精神攻撃が駄目なら物理攻撃だと銃を出したが要の邪魔のせいで、返り討ちに合っちゃいました。今回も冷静に見れば 鬱展開なのですが 愉快なお父さんの所為で あまり鬱に感じなかったような一話完結で行くかと思ってましたが ここからは続きで行くのかな? ラストはフミカの目覚めなのかな?  ただフミカと文歌は完全に同一でもないようですが
[ 物語を食べて生きてます ]   2008年02月23日 23:10

秊 こーゆー事されるとメチャクチャ迷惑なんですけど! 前回あそこまでケチョンケチョンに言った私の立場は!? フミカ、キラメキ、夏香の三方向から攻め、ラストシーンで綺麗に収束する構成はお見事。 三つの進行が実に巧く繋がれており、全く違和感があり..
[ バラックあにめ日記 ]   2008年02月25日 00:49


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/02/20 直った狼と香辛料 第8話