2008年02月07日

第5話『タダイマ』

今回は、ぬこシゴフミを届ける話。
つーか、ネコに手紙って・・・字読めるのか?

届け先のネコはかなり手ごわいようですね。
なかなか捕まってくれません。

チアキも同じネコ宛にシゴフミを届けないといけないようですね。
つーことで、2人協力することに。

ネコにマタタビは確かに効果あるだろうけど・・・ただ関係ないネコが集まっただけでしたね・・・
ここで、意外な事実が判明しました!
なんと、フミカネコが苦手だったんですね。
あんなに可愛いのに。

結局ネコはちょこまかと移動しましたが、最終的に取り壊している真っ最中の建物に入っていきました。
なるほど、昔このネコ飼い主が住んでた家か。
帰省本能ってやつですね。
そして、シゴフミの中は、その部屋のですか。

なんか、ネコが幸せそうですね。

あと、今回は、フミカが死んでいるのに、年を取っている理由が明らかになりました。
実は、まだ死んでなかったんですね。
だから、そのまま年齢も重ねていくのか。
でも、なんてまだ死んでいないのに、シゴフミ配達人なんてやっているんだろう?
まだまだ謎は多いですね。

あと、がこの後どう動くかにも注目ですね。

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:40│コメント(0)トラックバック(23) シゴフミ、しにがみのバラッド。 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

力ちゃんwそしてイキナリの「死ねば良いんじゃない」くはぁ〜鬱最高wワクワクするw ※あらすじシュレディンガーという名のネコに贈られたシゴフミを配達することになるフミカ。ネコを袋小路に追い詰め、もう少しで捕まえられる・・・というところに、別地区担当の...
[ 極上生徒街-AQUA Marine- ]   2008年02月07日 03:21

シゴフミ  お勧め度:ややお勧め  [ファンタジー]  チバテレビ : 01/05 25:35〜  テレビ神奈川 : 01/05 26:30〜  テレ玉 : 01/07 26:00〜  東京MXテレビ : 01/08 26:00〜  サンテレビ : 01/08 26:10〜  KBS京都 : 01/08 25:30〜  三重...
[ アニメって本当に面白いですね。 ]   2008年02月07日 04:07

JUGEMテーマ:漫画/アニメ世界を美しいものと醜いものとに分け、醜いものに対しては平然と「死ねばいいんじゃない?」と言い放てる美川キラメキ氏登場。なんか色々な意味でイっちゃってますねぇ、この人は。そして今回のシゴフミのお届け先はネコ。フミカが冒頭で恐る恐るシュレディンガーに触れようとしていたので、もしかしてネコ好きなのにネコに嫌われるタイプ?かと思ったんですが、まさに真逆のパターンだったので笑いました。ネコが嫌いなのに、ネコに好かれるタイプって奴ですね。ご愁傷様です。いや、僕はネコ好きなんですけど。そして前回に引き続いてチアキが登場。2人でシュレディンガーを追うという話の流れは観ていて楽しかったなぁ。マタタビを手に入れようと万引きを試みるチアキに対して、容赦なく正義の杖を振るうフミカが特にお気に入りです。そして始まるマタタビ作戦。ネコが嫌いなフミカは、正義の杖を再び振り上げるもチアキの絶妙な精神攻撃により撃沈。まさにチアキが逆襲を果たす形となってしまうわけですが、その後のフミカに対する介抱ッぷりや、ネコに対する思い入れを語る様子からしても、チアキという子は本当に良い子なんだろうなぁと。そして後半、彼女たちの魔法少女のような活躍ぶりには脱帽です。今回は適度に笑いがちりばめられ、落ち着いて視聴することが出来ました。まあ、要との予期せぬ遭遇にはビックリさせられましたけど。しかも、カナカがとっさの判断で誤魔化すとは……。恐るべき杖です。それにしても、フミカは偶然、病室に眠る美川文歌を目撃してしまうわけですが、あれにはかなり驚いていた様子。彼女は、自分の過去や現在の状況についてどれだけ知っているんでしょうかね。チアキの話からして、シゴフミ配達人は全ての生前の記憶を失うってわけでもなさそうですし……。
[ うかばれないもの ]   2008年02月07日 05:51

TVインタビューでの詩人美川キラメキの「死ねばいいんじゃない」醜い虚勢のまま、その言葉通りに少女A(13)に殺されたのだろうか。そして病室に眠る「美川文歌」とシゴフミ配達人フミカの関係は?生きそして死ぬ人々の視点から病んだ現代社会を切り取るかと思わせて、下手な切り替えシナリオの話数を挟んで、フミカが主人公だと明確になった「シゴフミ」第5話。社会派アニメと思わせておいて、実はキャラ萌えアニメだと言う事を自ら暴露した形。こちらもその心構えで臨まねばなるまい。サブタイは今回の受取人の黒猫シ...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年02月07日 06:00

第五話「タダイマ」シュレディンガーという名のネコに贈られたシゴフミを配達することになるフミカ。ネコを袋小路に追い詰め、もう少しで捕まえられる・・・というところに、別地区担当のシゴフミ配達人・チアキが駆けてくる。そのせいで惜しくもネコを逃してしまったフミ...
[ 日々“是”精進! ]   2008年02月07日 06:02

鬱展開だった時とのギャップがすごかった5話。こういう話もあるんだ…方向転換でないことを祈りたい。猫にシゴフミを届ける話でした。思いを伝えたい相手は人間でなくてもよいわけですね。美川キラメキ登場。こいつがフミカの父親?勘弁してくれ… フミカと千
[ のらりんクロッキー ]   2008年02月07日 06:06

今回は非常にコミカルな演出がなされていて今までの重い話がウソのように感じました。今まで無表情だったフミカが今回いろんな顔を見せてくれたのは面白かったです。チアキが出てきたことによってフミカの新たな一面が出てきたってことなんでしょうか。そして少しずつですが「フミカ」と「美川文歌」の関係も明らかになってきています。
[ いもせログ ]   2008年02月07日 06:37

 あの日、千川大輝のシゴフミを届けに来た少女。 あれはきっと美川だった――。 中学の時クラスメイトだった、事件以来姿を消したままの美川。 級友以上の想いを抱いていた野島要は、懸命に行方を捜そうとする。 そして――。☆シゴフミ 公式サイ....
[ 月の静寂、星の歌 ]   2008年02月07日 06:42

シゴフミ テレビアニメ公式サイトシゴフミ マル秘日報今回もチアキ登場。前回と異なり今度は、チアキがフミカの管轄内へというシチュエーションで始まりました。死後文の受取人は、二人とも同じで「猫」(自分も、カナカ同様、名前が長すぎて覚えていません。)差出人は....
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年02月07日 07:00

 美川キラメキって、フミカの父親だったのか。世界は美しい物と醜い物に分けられると
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年02月07日 07:32

=== 今回のシゴフミの宛名はネコw ==='''確かラノベ版ではネコが差出人というパターンがあったな〜'''{{{野生ネコ相手にシゴフミを届けるのに四苦八苦のフミカ}}}ちゃっかりますみんヴぉいすの新キャラまで参戦してるが、これが通例パターンとなりそうだねネコをおびき寄せるにはまたたびが有効だ!と知恵を搾るチアキが、金が無い一同…wwwかくなるうえはマジックアイテムを利用して盗みを働くしかないとチアキだが、...
[ 時空階段 ]   2008年02月07日 07:45

シゴフミ。面白いんだけど、ちょっと派手すぎるのかな・・??とか思った前回までの流れ。今回はどうだろうか・・・。シゴフミ一通目(初回仕様)(DVD)◆20%OFF!早速感想。今回のシゴフミのあて先は猫。同じあて先のシゴフミを預かったチアキと共に猫を追うのだが・・・...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2008年02月07日 09:51

第5話の感想です。
[ べっ子さんの日頃 ]   2008年02月07日 13:16

今回の話でフミカの過去が少しずつわかってきたフミカはまだ生きてるから成長できるってことなのか?前回登場してきたチアキとフミカの話がメインでしたな二人のやり取りは見てて面白い特に杖のけなし合いがw猫にビビりながらも男の目を隠すフミカなんてっこたいw可愛す...
[ おれといっしょに・・・ ]   2008年02月07日 17:17

タダイマ 残酷な詩人、美川キラメキさんへのインタビュー。美しいものが好きとな。見た目だけの話じゃない。発言も心も。この世には美しいものと醜いものがいる。醜い部類に入る人はどうすればいいかと聞くと・・・死ねばいいんじゃない?との一言。...
[ 自己満足 ]   2008年02月07日 17:36

フミカはなんでシゴフミ配達人になったんだろう?あぁ==!!続きが気になるぅ??!
[ アニメ好きのケロポ ]   2008年02月07日 21:10

シゴフミ 一通目 チアキとフミカは、同じ宛先のシゴフミを持ち、宛先人の猫を追いかけていた。 猫が逃げ込んだのは、シゴフミ依頼人の昔住んでいたアパートで…。
[ みるとるん ]   2008年02月07日 21:25

JUGEMテーマ:漫画/アニメ シゴフミのお届け先は人だけとは限らない。 時には動物もOKです。 ということで、今回はシュレディンガーという名のネコに贈られたシゴフミを配達することになったフミカ。 しかし、問題が・・・のはフミカは猫が苦手であった。そして今回の依頼にはチアキも絡む事になるのだが、果たして言葉が通じない猫にシゴフミを渡し、読ませる事が可能なのか?今回は配達人同士の友情が絡む笑いあり、シリアスありのお話です。 “僕は美しいものが好きなんだ  美しさこそ、至上の価値なんだ”  テレビのインタビューでそう言い放つ、その人物は美しさを至上とする残酷な詩人『美川キラメキ』氏であった。 キラメキ氏は美しいもの以外は認めなく醜いものは存在すら認めない主義らしい。なんて嫌な性格であろうか? しかし、そんなキラメキ氏に天罰が下ったのであろうか?娘に撃たれてしまいました。 何故、撃ったのであろうか?それは語られなかったが、文歌は撃たなければいけない理由があった予想出来ます。 そして、撃った本人は病院で意識不明と謎です。 今回は、そんなフミカのもとへ中学の頃に親しかった要が辿りつくのであった。 今回のシゴフミに選ばれたのは身寄りのないお爺さん。宛先は飼っていた猫にシゴフミを届けるという今回の依頼であった。 今までもなかなか素直に受け取って貰えなかったが、最後まで諦めず、全てのシゴフミを届けてきたフミカでしたが、今回ばかりは勝手が違う事に戸惑う。 まず、言葉が通じない。そしてどうやって渡せばいいのだ、猫に。そんな事で今回の猫のシュレディンガーに悪戦苦闘するフミカであった。 だが、もうちょっとで渡せる・・・と思いきや、襲撃者によって邪魔され、シュレディンガーを見失ってしまうのだった。 邪魔した人物は前回出てきた同じシゴフミ配達人のチアキであったのだが、チアキもまたシュレディンガーを追っていたのだ。 つまりチアキもシュレディンガーにシゴフミを届ける任務を受けていた。 送り主は猫の飼い主のお婆さん。という事はフミカのシゴフミの送り主のお爺さんとお婆さんは夫婦であった。偶然にも老夫婦は同じ時期に亡くなって、2人ともシゴフミを各権利を得られ、2人とも飼っていた猫にシゴフミを送ったという事だ。 なんとう偶然でしょうか? チアキの話によるとシュレディンガーはチアキの担当地域から電車で2時間近くかけてこの町にやってきたらしい。チアキはそれを追いかけてここまでやってきたようだ。それも丸3日かけて・・・・ シュレディンガーにいいように巻かれているチアキはフミカとダッグを組んで今回の依頼を遂行しようと心がけるのだが、果たしてどうなる? まず、2人はマタタビを買って、シュレディンガーを燻りだそうという作戦を実行するために薬局へ行くのだが、2人ともお金を持っていません。←まあ、そりゃそうだな〜。 というわけで、お金のないので、チアキは盗むという犯罪の行為にでるのだが、それはフミカに阻止されます。「借りるだけ・・・永遠に」って上司が知ったら即刻解雇されそうですね。ちゅうか、配達人にアサシンの能力はいらないと思うけど・・・・ 結局マタタビのお金は馬鹿な男どもが勝手に置いておってくれたので無事問題解決。2人はマタタビ作戦を実行するのであった。 しかし、その作戦には欠陥がある。範囲の問題。そして当たり前だが、猫はシュレディンガー1匹ではない。目的の猫がやってこず、野良猫やらいろいろ集まってくる始末になるのだが、そんな猫好きには天国の環境にフミカの様子は明らかにおかしい。 どうやら、フミカは猫が嫌いのようだ。 こんなに表情を崩すフミカは今まで見られなかった。この慌てている様子、マタタビ作戦は失敗したが、いいもん見せてもらいました(笑)。 その後は、シュレディンガーを発見出来、2人で力技を使って猫を追い回すのだが、なかなかうまくはいかない。フミカとチアキはなかなか息が合わないようです。 途中、口喧嘩というか、フミカがチアキに喧嘩売っているようにしか見えないけど(笑)。そんな事でなかなかシュレディンガーを捕まえる事ができない2人でした。 追跡の最中、フミカは湯沢総合病院の敷地の中に入るのだが、そこにはフミカと関係あろうかという人物の美川文歌が眠っていたのである。 それに気をとられフミカは前方不注意で気にぶつかってしまい、墜落してしまうのであったが、その落ちた先には要がいた。 要もまた、美川の所在を調べ上げ、ここまでやってきていた。そして病院に向かおうという矢先、どこからともなく降ってわいて出てきたフミカのクッション代わりになってしまう羽目に・・・・ 要に今、姿を見られてはまずいと悟ったのか、フミカは慌てて要に目隠しをし、要を封じ込めるのだが、今度は今まで寄ってこなかったシュレディンガーが今この時寄ってくるのでした。マタタビの匂いが残っていたのか?猫嫌いのフミカにとっては今まさにピンチです。といいますか、一番被害を蒙っているのは乗られている要なのだが・・・生きているか要?心配するな骨は私が拾ってやる←おいコラ。 シュレディンガーはあっち行ったり、こっち行ったりで、一体どこへ向かっているのやら。だが、ようやく目的地に着いたようです。 そこは今、工事が入り取り壊そうとされている古びたアパートであった。 シュレディンガーにとってこの場所は飼い主と一緒に住んでいた場所。自分の場所であった。どうやら長い時間をかけてここまでやってきたのは理由があったようだ。 自分の家に帰りたい一心でここまでやってきた根性は賞賛に値する。 だが、現実は厳しく、今、この思い出の場所は取り壊されようと、鉄球がアパートに向かっていたのだ。そんな場所にシュレディンガーはそこにいる。 チアキはまだ間に合うとアパートの中に入り、シュレディンガーを確保する事は出来たのだが、その時、飛行能力の時間切れが・・・・ピンチです。 まあ、そんなピンチはフミカのお陰で回避されるのだが・・・・ さっきのアサシン能力を使って、工事を止めてることに成功。そんでもって、現時点で取り壊されずに済み、チアキ達は無事でした。 しかし、何故、チアキは危険を冒してまで猫を助けに入ったのであろう? それは猫がラッキーアイテムであったから・・・・チアキがまた生きていた頃、いつも猫が良いことを運んできてくれた。だから、今もその事を思い続けているチアキは今回の依頼を最後まで全力でやったのでしょう。めんどくさいことはしないタイプだった為に、今回の依頼はすぐ放棄してもおかしくなかったが、それでも諦めず、チアキはやり通した。 だが、今回の事でチアキにとってラッキーデーにはならなかったかもしれない。だが、フミカにとってはラッキーデーになったと言われる。「友達が出来た」と、フミカからの突然の宣告を受ける事になる。 今回の事で友情が芽生えたのか?2人にとってラッキーデーになったのはないでしょうか? そして、2人を結びつけたシュレディンガーであったが、大切なものを渡さないといけないことを忘れてますね。目的はシゴフミを渡す事でしたよね。 そんなわけでシゴフミを渡すのであったが、中から出てきたのは2つとも老夫婦と一緒に住んでいた部屋の鍵であった。 この場所に帰りたかったシュレディンガー。老夫婦はどうやら、シュレディンガーの気持ちを察していたようです。だから、シゴフミとして鍵を渡すように頼んだのであった。それも2人とも同じ考えで同じものを渡していた。なんという老夫婦の想いであろうか。 本来なら、もうこのアパートは取り壊されている。だが、今日1日はここで過ごす事が出来る。だが、永遠ではない。たった1日だけである。それでもシュレディンガーにとっては価値ある1日なんでしょう。  一方、病院で美川文歌のもとへやってきた要であったが、待っていた刑事の父親に事実を告げられるのであった。美川文歌は事件発生から3年、一度も目を覚ましていない状態。そして要はあの時見たフミカは一体誰なのだろう?と考え始めるのであった。 今回は、はじめ見たときは??と思ったのですが、終わってみたらいい話でした。 途中までチアキが足を引っ張っているように見えましたが、今回、チアキがいなかったら、任務は失敗に終わっていたでしょう。今回のチアキの活躍は良かったです。結局、フミカは猫嫌いは解消されなかったので、それが残念でしたが。 一方、同時進行とばかりに要が美川文歌にたどり着く話でもありました。途中、任務中のフミカとクロスしていくのはいい演出でした。そして謎が残っていく展開と・・・これでますますフミカの正体が気になっていくところです。 最後に、美川キラメキ氏は正当な人間というより、人から恨みを人間のような気がしましたので、撃たれる理由というのがある気がしました。謎解きはまだか?と思いきや、次回はまた別のシゴフミ配達の話ぽいです。押していただけると励みになります
[ 独り言の日記 ]   2008年02月07日 21:26

さて今回はどちらかというとフミカにスポットが当たったようなかんじですねチアキとのやりとりや弱点などがわかってキャラとして立ったように感じますしかししょっぱなからキラメキさんが出てきてビビったこいつがフミカの父親なんですね名前からしておいおいおいおいって...
[ にき☆ろぐ ]   2008年02月08日 00:30

シゴフミ 一通目シュレディンガーという名のネコに贈られたシゴフミを配達することになるフミカ。ネコを袋小路に追い詰め、もう少しで捕まえられる・・・というところに、別地区担当のシゴフミ配達人・チアキが駆けてくる。そのせいで惜しくもネコを逃してしまったフミカ...
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年02月08日 23:41

チアキの登場で良い具合に抑揚がつくようになりました。やはりますみんは良い仕事してくれるぜ(`・ω・´)一気にフミカの過去が明らかになりました。なるほど「美しく残酷な詩人」と呼ばれるだけあって、フミカの父・キラメキはなかなかに変わり者だった様子。とも...
[ ボーダーライン ]   2008年02月09日 01:57

冒頭で、美しく残酷な詩人 美川キラメキというピントのずれた変態キャラが出てきたので、こりゃあ、何のジョークか?と思ってたら、この人物こそフミカこと美川文歌の父親だったらしい。この親父なら、殺されても問題ないような気がした(笑)。シゴフミの宛...
[ まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) ]   2008年02月09日 02:51

シゴフミ第五話「タダイマ」好き嫌いのあるフミカ。あら意外。  
[ 裏オタク ]   2008年02月10日 01:36


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/02/06 激しく後悔雑記 08/02/07 なぜかネットに繋がらない