2008年01月10日

第1話『コクハク』

新番組6本目!!
最初は全く見る予定ありませんでしたが、オモシロイと言う話を耳にしたので、見てみました。

シゴフミって、死んだ人からの手紙ってことなんですね。
なるほど。なかなか面白そうな話かもしれません。

「死神のバラッドと地獄少女を足して2で割ったような作品」と言っているブログさんもいましたが・・・ウチのオカンも同じことを言っていました。
そして、私も似たようなイメージを持ちましたね。
まぁ、地獄少女は見てなかったりしますが。

あの「す」の字は新しいですね。
最初「可」って書いているのかと思いましたよ。
よく見ると、「す」と「可」って似てるかも?

明日奈の父親が遺体で見つかったようです。
シゴフミはその親から明日奈の恋人宛のようですね。
でも、翔太はまだ恋人じゃないから、その手紙を受け取る資格が無いんですね。

それにしても、あのはいいキャラしてますね。
こういうキャラは結構好きですよ。
松岡さんの声もまた良いですし。
フミカが静かな分、カナカが明るいキャラで釣り合いが取れているのかも?

翔太がシゴフミを見たようですね。
書かれている内容は・・・犯人が明日奈だって言うのか。
確かに、コレは信じがたい内容ですね・・・

でも、やっぱり犯人は明日奈だったようですね。
まさか、翔太までもナイフで刺すとは・・・
ところで、最近のアニメってこういうシーン多いですね。
もう誰かが殺されるシーンはあまり見たくないんですが・・・

そして、明日奈のナイフはフミカへ。

気になる終わり方だなぁ〜。
なんか、解決しないままで終わるのは気持ち悪いし、とりあえず次回も見ようかな。
そう言って、ずるずると最終回まで見ることになるんだろうなぁ・・・

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:51│コメント(0)トラックバック(30) シゴフミ、しにがみのバラッド。 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

JUGEMテーマ:漫画/アニメ死んだ人間から、生きた人へ届く手紙がある。それが、死後文(シゴフミ)。話の概要から想像するに、ああ、ハートフルな物語なのだろうと想像していたのですが……見事に裏切られてしまいました。いや、良い意味でね。死んだ人は嘘をつく必要がない。だから、素直。だからといって――それが善意とは限らない。そういう話の運び方に驚かされました。何とも悲しくて切ない展開ですが、物語とは残酷であればあるほどに人の興味を引きつけ、そして心を揺り動かす。問題なのは、その結末な訳でして。救いのないラストだったらどうしよう…そんな不安と期待が入り交じる初回でした。スタッフを確認してみると、監督は『機動戦艦ナデシコ』などを手がけた佐藤竜雄さん、わーお。副監督には『ガンパレードマーチ』や『よみがえる空』の監督を務めた桜美かつしさん、この人大好きなんだよなぁ……。そして『コードギアス』や『プラネテス』で脚本を手がけた大河内一楼さんがシリーズ構成を担っていらっしゃる。もう、その超豪華なスタッフ陣に驚き。まあ、必ずしも良作が生まれるとは限らないけれど、この顔ぶれを見たら期待せずにはいられませんねぇ。
[ うかばれないもの ]   2008年01月10日 03:09

 シゴフミ――。 死後文。 死者から届く手紙。 死んでからしか語れないこともある。 それが生者に渡される。 人に許された最後の奇跡。 それがもたらすものは――。★2008年冬期開始のアニメ 原作を知らないながらも、この記事↑....
[ 月の静寂、星の歌 ]   2008年01月10日 03:50

ニコニコ動画で拝見簡易感想を。現実世界で生きている人間に、死んだ人間から手紙「死後文」が届くことで始まるストーリー。第一話「コクハク」東京のとある街・かもめ市の一角にある廃ビルの屋上で、町屋翔太はロケットを作っている。それを見守りながらおしゃべりをして...
[ 日々“是”精進! ]   2008年01月10日 06:11

アニメ版「シゴフミ」は原作のライトノベルとは違う設定らしいが「しにがみのバラッド。」のような話をオムニバスに展開するのかと思ったが、そうとも限らないみたい。廃屋のビルでロケット打ち上げを目指す少年、町屋翔太。それを見学に来ていた他校生徒会長の綾瀬明日奈。翔太の元に殺された明日奈の父からの「シゴフミ」を届けに、フミカと杖のカナカ。「シゴフミ」は明日奈の恋人宛てだが翔太はまだ告白すらしていないし、明日奈のスカートの裾見て欲情する純朴さ。その青臭い役には、おお振りの代永翼の演技が似合っている。...
[ アニメレビューCrossChannel.jp ]   2008年01月10日 06:42

冬の新番では期待の1本だったが1話を見る限りでは今ひとつ…地獄少女とはまた一味違う感じの作品。シゴフミを読んだ人がどう動くかが話のポイントのようですが…ラストがあのような展開になるとは予想していなかった。公式HPでは翔太メインキャラのようなんですがあっさり退場…
[ のらりんクロッキー ]   2008年01月10日 07:03

原作を先に読んでしまおうかと思ったくらい期待していたアニメ。死後の世界から手紙を届ける死後文、興味深く面白そうな設定だったので。まぁ結局読まなかったわけですが・・・理由は特になしで、気が向かなかったという事でw 他にも読みたいのがあったのでねぇ。...
[ よう来なさった! ]   2008年01月10日 07:09

 死後、死者から届けられる手紙・シゴフミ。それを届けるのがフミカと杖のカナカの役
[ ぶろーくん・こんぱす ]   2008年01月10日 07:29

「コクハク」 新アニメの第9弾。 流石に6本も立て続けに見ると、疲れるな。 原作
[ たこの感想文 ]   2008年01月10日 07:57

シゴフミの第1話を見ました。第1話 コクハク「ねぇねぇ、知ってる?届くんだって」「何が?」「手紙だよ、死んだ人から」「何それ、怖っ。死神が持ってくんの?郵便で〜すって。判子下さいとか?」「ホントなんだって、女の子が持ってくるって」東京のとある街・かもめ市...
[ MAGI☆の日記 ]   2008年01月10日 07:57

シゴフミ テレビアニメ公式サイト最近、購入した、東芝のDVDレコーダーだけ、何故だかチバテレビが受信可能だったため、本作の視聴ができました。まあ、受信可能といっても、とても録画できるとかのレベルではなく、明るい場面なら何とかと言う感じで、暗いシーンの比較...
[ パプリカさん家のアニメ亭 ]   2008年01月10日 08:15

新番組第5弾。今日のアニメ感想第4弾そろそろしんどくなってくるけど、まぁいっか。見る前の情報を見るとしにがみのバラッドを思い出す設定。本編は・・・??シゴフミ一通目(初回仕様)(DVD)◆20%OFF!早速感想。死んだ人間から生きた人間へ送られる手紙、それがシゴ...
[ 物書きチャリダー日記 ]   2008年01月10日 08:44

監督:佐藤竜雄(機動戦艦ナデシコ、宇宙のステルヴィア)シリーズ構成:大河内一楼(交響詩篇エウレカセブン、コードギアス 反逆のルルーシュ、∀ガンダム)キャラクター原案:黒星紅白(キノの旅、スカイガールズ(男性キャラ)、アリソン)という豪華製作陣のアニメ「ジゴフミ」原作者の湯澤友楼はバンダイビジュアルの湯川淳一さん、ジェンコの大澤信博さん、J.C.STAFFの松倉友二さん、シリーズ構成の大河内一楼さんから一字づつ取ったものだそうです。(wik...
[ べっ子さんの日頃 ]   2008年01月10日 12:59

 死後の世界から届く手紙
[ LUNE BLOG ]   2008年01月10日 13:03

「シゴフミ」第一話「コクハク」6つ目の新アニメに挑戦  
[ 裏オタク ]   2008年01月10日 14:19

おいおい、シゴフミってしにがみのバラッド系のハートフルストーリーじゃなかったのか?原作1巻読んだ感じでそう思ってたんだが、いきなり冒頭が地獄少女ぽくて吹いた。確かまだ3巻位までしか出てないと思ったんだが、もうアニメなのか。電撃にはもっとアニメ向けな素材一...
[ アニメの襲撃者 ]   2008年01月10日 14:41

さてさて、今度はシゴフミ。 絶賛積読リストに載ってますが、 結局、アニメ放送開始...
[ KypDurron's Style 2nd ]   2008年01月10日 17:37

JUGEMテーマ:漫画/アニメ “ねえ、ねえ知ってる?  届くんだって・・・・死んだ人から手紙が・・・・  死神が「郵便です」って持ってくる?  女の子が持ってくるだって・・・・”  現実世界で    生きている人間に    死んだ人間から  死後文(シゴフミ)が届く  シゴフミそれは  死についての物語 キャストフミカ   CV:植田佳奈カナカ   CV:松岡由貴 死後の世界から届く手紙、死んだ人間は最後に残したメッセージ。 ・・・・それが“シゴフミ”。 「郵便です〜」 ロケットをつくることを夢見る高校生、町屋翔太に手紙を届けにやってきたフミカとカナカが突然姿を現す。 手紙の差出人は翔太の想い人である綾瀬明日奈の父からである。 しかし、明日奈の父は先日他界したばかり、それに何故、翔太宛に送られてきたのかというと明日奈の父は明日奈の恋人宛に書いたというのである。 どうらやフミカは唯の郵便屋さんではないことが判明。 死者の世界から、死んだ人間のメッセージを届けに現実世界に来ているというのだ。  杖のカナカから語られる死後の世界とは? 死後の世界でも体はあるらしい。段階によるが・・・ レベル4なら字も書けるし、食事だって出来る。死後の世界とはそのような世界である。 いきなりぶっ飛んだ話に翔太も半信半疑で困惑していたが次第に信じていくのであった。そして手紙を受け取ろうと決意するのであった・・・・・ だが、宛先人は明日奈の恋人である。翔太は明日奈を好きではあるが、想いを打ち明けていないらしく恋人ではない。 フミカは恋人ではない翔太に渡すことは出来ないと今回の任務は終わりと判断され帰ろうとしたその時に、明日奈の父の伝えたかったことを無駄には出来ないと、翔太は明日奈の恋人になるとそうフミカに言い放つ。 翔太は明日奈と恋人になろうと努力します。 もともと翔太は自分の夢のロケットについて誰にも信じて貰えなかった。ちょっと世間からずれた人のように見られていたようだ。だが、明日奈だけは信じてくれた。学校は違うが、いつも実験している廃屋にちょくちょく顔を見せにきてくれる間柄になっていた。 翔太は興味を持ってくれたロケットを口実に告白の機会を作る努力をします。 ロケットが飛んでその勢いで告白する青写真・・・だが、失敗する可能性大であるが、それでも能天気に成功する可能性を信じ挑戦。 すべては明日奈の父が最後に残したメッセージを明日奈に届けてあげたい一心で。 そしてついにロケットが打ち上げられる段階までこぎつけていた。 だが、それも裏切られる運命に・・・・ 翔太はシゴフミをたまたま見てしまった。 だが、それはカナカがワザと翔太に見せるために置いていったもの・・・・そういう指示がどうらやあった模様に。 そして見た翔太は・・・・ その内容は信じがたいものだったのだ・・・・ 明日奈の父を殺した犯人――――それは娘の明日奈と書かれていた。 それを見た翔太はフミカに激怒。 手紙には恋人に告発させるとういう父の復讐の内容に“フザケンナ”と今まで信じていた死後文を今度はあっさりと否定しだす。 “死は人を正直にする  優しさも憎しみもすべて・・・・”  フミカのいう言葉はもう翔太に届かない。 明日奈が父を殺したことを信じない翔太。信じるのは明日奈だけで・・・・・ だが、それが、翔太を不幸に陥れる。 明日奈を庇ったことで、逆に翔太が明日奈に殺される羽目に遭ってしまう。 突然の展開である。 それも明日奈に告白したその直後である・・・・フミカが翔太に忠告した時に明日奈は感ずいたのであろう・・・・ばれたと・・・・ 自分を守るために、親しくしてくれ翔太を何の躊躇いもなくぶすっと・・・鷹野だって、富竹殺すのに一時期躊躇ったこともあるのに・・・これは酷い。 どうやら明日奈は父を殺した動機は父に体を売られようとしたから殺したようだ。父は無職であったらしいし、明日奈自身と妹を守るためにやったようなもの・・・それにしても黒いです。恐ろしい。 そして口封じのため、フミカにも手を伸ばそうとしていた。 “生きている人間は嘘を吐く  弱い、怖い、醜い・・・  死んでいる人間の方がよっぽど・・・・” 1月からの新作アニメ第5弾として「フジコミ」を選びました。 原作は知らないけど、1話見て面白そうだったので決めました。 死後の世界とは?こういう視点で見ていくのも面白そうだったし、死んだ後に人はどういうメッセージを残すという発想がなんかいいです。 松岡さんがまたいい味出している気がします。植田さんのキャラはちょっと大人しいキャラだが、2人のやりとりも良かったと思います。 まあ、展開としてはやっぱり“死”があるので鬱展開ありますね。覚悟はしていたけど明日奈のキャラの変わりようにはちょっと参りました。途中から明日奈が刃物見ていたり、引越しの準備を着々とやっていたりと何かあると思いましたが、最後にこれとは一本取られました。 次回以降、今度は翔太が死後文を出すのでしょうか?ちょっと期待します。 というわけで、第1話はコクハクして殺されるというお話でした。押していただけると励みになります
[ 独り言の日記 ]   2008年01月10日 19:15

とりあえずスタッフが豪華なので見たアニメです雰囲気的に地獄少女+キノの旅な感じでしたね(まぁキャラデザが黒星紅白さんですしね)死後の人間が言い残したことを手紙にかくそれがシゴフミフミカはそんなシゴフミを配達する郵便局の人間みたいですねフミカとカナカの関...
[ にき☆ろぐ ]   2008年01月10日 19:44

コクハク 死んだ人からの手紙が届くという噂話がある。ビルの下に見えるのは事件現場の後。そのビルの上には謎の少女と喋る杖。 視点は高校生、町屋翔太と綾瀬明日奈に移ります。翔太は字が下手でロケットを製作している少年。明日奈は生徒会長をし...
[ 自己満足 ]   2008年01月10日 21:09

シゴフミ 一通目『アリソン』『キノの旅』でおなじみの黒星紅白さんによるキャラクター原案アニメ。「死は人を正直にする。優しさも憎しみも、全て」死んだ人間から手紙「死後文(シゴフミ)」を届けるシゴフミ配達人のフミカと、パートナーのカナカ。死者からの...
[ みるとるん ]   2008年01月10日 21:38

【シゴフミ 第1話 コクハク】 「しにがみのバラッド。」が好きな自分としては、似た空気を感じるこれを外すわけにはいかない。というわけで楽しみにしていたんですが、後半の展開にはさすがに驚いたな…。とりあえず一つずつ整理していきましょう
[ イム-るのつらつらレビュー日記 ]   2008年01月10日 21:59

シゴフミ『コクハク』感想紺色の服にマント、方には郵便配達夫の持つようなバッグをかける少女文枷持主とは正反対でお喋り陽気な杖である??.
[ 静夜詩 ]   2008年01月10日 22:28

第1話は翔太とフミナの出会い、そして最後は予想外。ちなみにシゴフミは死後文。
[ えたなるお??しゃんA’s ]   2008年01月10日 22:28

シゴフミ 2―Stories of Last Letter (2) (電撃文庫 あ 17-6)東京のとある街・かもめ市の一角にある廃ビルの屋上で、町屋翔太はロケットを作っている。それを見守りながらおしゃべりをしている少女、綾瀬明日奈の元に父親が遺体で見つかった知らせが入る。 一緒に警察署....
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2008年01月10日 22:29

謎の少女フミカが、死後の世界から、死んだ人間が最後に残した手紙を届けるという内容ですなこの回、フミカが届けたのは、ある女の子の父親の遺した手紙。届け先は、女の子の恋人。ただし、女の子に恋人はまだいない(たぶん)。その女の子に以前から恋していた...
[ まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) ]   2008年01月11日 00:04

一番楽しみにしていたアニメです。アニメ版公式HPはこちら。これって“良い話”なアニメじゃなかったんだ。見る前までは『死神のバラッド』(マンガしか読んでませんが)みたいな感じかなぁと思ってたんだけど、そう言うんでも無い。イヤ、好きなんだ、大好きなんだ、こう言...
[ よろず屋の猫 ]   2008年01月11日 06:55

= 第1話「コクハク」 ={{{ノーマークだった本作品ですが、実際見てみるとけっこう面白い。雰囲気としては、「しみがみのバラッド」みたいな感じ?基本的には重い系ですね。死者のメッセージを届ける仕事をする女の子。それがフミカ。背が低くて大きな帽子かぶってるから、くじアンの律子にそっくり。喋り方とかキャラデザも似てるねぇ。一番笑ったのが、カナカ。C.Vは松岡さん、そして思いっきり鶴屋さんの声!!(笑)いいねぇ、松岡さんのこのタイプの声大好き。...
[ MEGASSA!! ]   2008年01月11日 12:32

公式サイト:http://www.shigofumi.com/関西では火曜深夜の放送なのですが、昨日ようやく視聴。例の如く原作関連は存在そのもの含めてまったくノータッチです。妹が何気にかなり楽しみにしてたので、私もそれなりに気になってました。キャラデザは嫌いではないで...
[ パズライズ日記 ]   2008年01月11日 12:55

何ていう鬱アニメ(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)
[ ●○PEKO LIFE●○ ]   2008年01月12日 02:26

『<a href="http://www
[ 詩稀村通信 ]   2008年01月16日 10:33


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
雑記 08/01/09 金縛りに!!雑記 08/01/10 置いてない・・・