2006年03月31日

第5話『ほたるのひかり。』
どこかで見た奴だと思ったら、公太って第1話で出てきた奴だったんですね。
通りでモモと親しい(?)わけだ。
しにがみに触れると、普通の人には見えないものが見えるようになるんですね。
今回はそんな公太と姉を亡くしたエコの話。

小学校にお化けが出ると言うことでそのお化けを探しにきたエコ。
そこで公太と出会う。

公太って冷たいようだけど、いい奴なんですね。
なんだかんだ言って、夜のエコ学校探索に付き合ってるし。

そして、エコは無事姉に会うことができ、言えなかったことも言える。
これでお姉さんも安心ですね。
エコの顔にも笑顔が戻っていく・・・

今回のモモはエコのお姉さんの魂を運んできたようですね。

次回、第6話『こころのたび。』

web拍手を送る


Posted by かつカツ at 02:11│コメント(0)トラックバック(20) シゴフミ、しにがみのバラッド。 

トラックバックURL

※基本的にトラックバックは歓迎ですが、記事の内容と関係ないものはこちらの判断で削除します。
※当ブログへトラックバックを送信する際、言及リンクは必要ありません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。
※トラックバックが送信できない場合は、こちらのミラーブログをご利用ください。

この記事へのトラックバック

『中学1年の宮崎エコは夜の学校に忍び込み、肝試しに来る小学生を待ち構えていた。というのも、近頃、この学校に女性の幽霊が出るという噂が広まっていたからだ。計画通り、学校に忍び込んできた小学生たちを驚かして追い返したエコ。全てがうまくいったと思いきや、警備員の気配が近づいてきた。しかも、スカートが金網に引っ掛かってしまい動けない。絶体絶命のエコの前に、一人の少年が現れた。』
[ ガブリエルのブログ ]   2006年03月31日 02:22

感想どっかで見たことある少年だなと思ったら1話に出てたやつか。EDロールの声で気づいた。くまパンキタ(=゚ω゚)ノおまっ脳裏に焼き付けとけよ小学校教師の姉が亡くなってしまいその亡霊が悪さをしているとの噂が立ってしまい何とかしようとするエコ死神に会うためにコータの協力を頼むが断られる結局コータも手伝う事になんか手をつないじゃっていい感じじゃないかコノヤロー姉の担任していたクラスに入るとそこにはお姉ちゃんが・・・しばらくすると消えてしまいますすべてモモの思惑通りでしたがここからはエコ自身が自立しなければいけません。来週は最終回です。1話完結ものなので特に思いいれもありません。
[ endlessspace-無限空間 ]   2006年03月31日 03:24

第5話 【ほたるのひかり。】"来ないで・・・こっちに来たら一生呪ってやる!!"学校へ肝試しに来る小学生を驚かして追い返す中学生の宮崎エコ。警備員の気配が近づき逃げ出すエコ。って、スカートがフェンスに引っかかたよw"何してんだ、こんな所で!!"!?公太君キタ―!!まさかまた登場するとは・・・。(あの時の猫も元気そうで♪
[ ★虹色のさくらんぼ★ ]   2006年03月31日 04:19

中学年の宮崎エコは夜の学校に忍び込み、肝試しにやって来る小学生を待ち構えていた。というのも、近頃この学校に女性の幽霊が出るという噂が広まっていたからだ。計画通り、小学生達を驚かして追い返したエコ、だが警備員の気配が近づいてきた。逃げようとするがスカートが金網に引っ掛かってしまい動けない、絶体絶命のエコ。そこに現れたのは猫を連れた一人の少年、公太だった。公太のお陰で助かったエコ、話を聞くと公太には幽霊が見えるらしい。エコは公太に言う、幽霊の正体はこの学校の教師でもあった姉、ワコの可能性が高い。姉が迷惑かけてるのを知られたくない、だから自分がここで小学生を脅かしていたのだ。ワコが死ぬ前、自分はちょっとした悪口をワコに言ってしまった、それをずっと後悔している。そこで幽霊の見える公太が学校に潜入しワコの存在を確かめる事ができれば自分は謝る事ができるし、幽霊騒ぎも無くなる、だから一緒に確かめに学校に行こうとエコは公太を誘う。最初は嫌がる公太だったが一緒に学校に潜入してくれた。途中警備員に見つかりそうに成るも何とかセーフ、でも霊感のある公太は幽霊は居ないと言う。そこへ1つの光が現れた、ついていくと、教壇の前に立つワコが居た。エコは自分の思いを伝えると、光りと共にワコは消えて行った。
[ AGAS〜アーガス〜 ]   2006年03月31日 07:16

        「ほたるのひかり。」  第1話の登場人物が出てきただけで テンション上がってたりしましたが。 どこに行ったらエコに会えますか?  僕を小学校に戻して、あんな年上と 出会わせてください、お願いします( ̄人 ̄)  公太とエコのやり取りを見てるだけで お腹いっぱいになりました。 だから、今回感動は少し控えめだったような。
[ アニメに漫画それが私のシアワセ ]   2006年03月31日 09:35

今回は姉を亡くしたエコの話。第1話の公太も再登場しました。オバケが出るという噂でやってくる子供達を追い返したいエコ。白いシーツをかぶってオバケというのはあまりにも単純すぎというか、怖がる子供達の方があれだというか。そして、本来の意図とは完全に逆効果でしたね。猫のブルーと共に公太が再登場。何気に羨ましいことになってるじゃないですか。個人的にはくまパンはどうでもいいですけど、貧乳は大歓迎ですよ(笑)。
[ パズライズ日記 ]   2006年03月31日 09:35

【公式】ひとつ言わせてください。この話って、西岸良平:『夕焼けの詩』の中の「蛍火」って話まんまじゃないですか?(笑)(知ってる人いたら、おそらくそう思うかも……)や、サブタイも「ほたるのひかり」と「蛍火」だしね。「蛍火」の方もケン...
[ 48億の個人的な妄想 ]   2006年03月31日 12:32

3/30 WOWOW 24:35-思うんですが、登場人物が毎回違うはずなのに毎回同じに見える顔の基本的な作りが同じで髪型違うだけですよね?独特な感じなのでちょっとそんなことを思いましたさて、夜の校舎へ忍び込んで肝試しをする公太達って公太再登場ですか! 意外なところでつなげてありますねしかも「熊パン、熊パン」って色気が出てきたか!?エコの姉に会わせないようにする為にエコが驚かして追い払う小学生にとってはそれが逆に興味をそそるんじゃ?
[ Mugi_Sta 2 ]   2006年03月31日 12:57

だからそれがモモであろうと、死んだ人間とお話しさせちゃダメだって何度も…('A`) それとも、妙に繰り返し死者と会話をさせるシーンを挟むところを見ると、それがこの作者の持つ生死感なのかも知れず。だとしたら、ちょっと付いていくのが辛いですね。 ストーリーには正..
[ バラックあにめ日記 ]   2006年03月31日 16:11

 さ〜て、今回はどの『絶対少年』キャストが出るのかな?とワクワクしながらテレビに向かっていると…(それが本作の一番の楽しみになりつつある・笑、望月監督ごめんなさい)。 おお!須河原さんが来ましたねー(VC.松本美和さん)。しかも、その役柄は「死んでしまったお姉ちゃん」(笑)。うーむ、いつも元気なスカワラ姉さんにはあまり似合わない役だなあ(^^;)でも登場してくれて嬉しかったです。これで前回の伏線(「妖精たちの夏」)は回収したことになるのかな(笑)。
[ 新米小僧の見習日記 ]   2006年03月31日 17:40

 エコって変わった名前、よく親が付けたものだと感心した今回は…
[ 明善的な見方 ]   2006年03月31日 18:27

しにがみのバラッド。〈6〉メディアワークスハセガワ ケイスケこのアイテムの詳細を見る 今回は小学校の先生をしていたお姉ちゃんが死んでしまった、中学生のエコのお話。才色兼備で何でもできた姉の後を追いかけながら、いつも出来のいい姉と比較されることに苛立ちを感じていたエコは、姉とケンカして「お姉ちゃんなんか大っ嫌い。お姉ちゃんなんて私の前からいなくなっちゃえばいい」と言ったその日、事故でお姉ちゃんを亡くしてしまったのでした。 う〜ん、辛いよなあ。姉妹ケンカなんてよくあることだろうし、このくらいのことしょっちゅう口にするだろうけど、本当に死んじゃうと普通じゃいられないよな〜。エコはそれから笑えなくなったそうです。 お姉ちゃんが死んでから、小学校で幽霊が出るって噂が立ちます。それで肝試しをする小学生が出てきたりして、エコは小学生を怖がらせればもう来なくなると思い、自分で幽霊に化けて出たりします。なんかすごいアイディア。自分で幽霊やろうなんて。普通しないよ。行動力は買うけど。 今日も肝試しの小学生を追い払ったその日、シーツが金網に引っかかったところを公太に助けられます。ああ、また出たんですね。1話で出てきたサッカー少年。ちゃんと猫のブルーもつれてます。 エコは公太の友達から、公太が幼なじみ(麻衣ちゃんだよね)を亡くしてから幽霊が見えるようになった話を聞き、公太に小学校に出る幽霊がお姉ちゃんじゃないって事を証明してもらおうとします。公太が「その幽霊ってホントにお姉ちゃんかも知れないだろ」と口にすると、エコは猛然と怒り出し、公太にビンタ一発。「このバカ、チビ、ガキ!」。罵詈雑言。 うぬぬ、中学生が小学生に言う言葉か?。それともこれくらい普通だったかな?。頼み事をしてる立場を忘れてるぞ、エコ。公太も負けてない。「ウッセー、ババア、クマパン、まな板!」。うんうん。これでこそ小学生男子だな。話し合いは当然決裂してしまいました。 エコは一人で小学校に潜り込みます。またしても同じ金網にスカートを引っかけるエコ。「ったく、だっせえなあ」と言いながら公太登場。こういう困ってる女を放っておけないところが小学生らしくないけど、こうでなきゃ話が進まないもんな。元々こういう性格なのかも。 「あの、見えてるんだけど。クマパン」 今日もクマパンですか?。クマパンを集めてるのか?、それしか持ってないのか?、どっちにしろ視聴者から見えないんですけど。 蛍に誘われて誰もいない教室に入るとお姉ちゃんが教壇に立っています。 「お姉ちゃん、ゴメンね、あんな事言って。私、お姉ちゃんが羨ましくて、眩しくて、けど嫌いなんかじゃない」 エコがずっと辛くて笑顔をなくしてしまったのは、死んだ人には言葉は伝わらないし、死んだ人から許してはもらえないからです。生きていれば思いを伝えられるし、「気にしてないから」とか言って許してもらえるのに。エコはモモのおかげで、死んだお姉ちゃんに合わせてもらって、許してもらえたので胸のつかえが取れたのでしょう。 アニメだから死んだ人に会うことも可能だけど、現実に生きている私達は、どうやって死んだ人に許してもらえばいいんでしょうね。「生きていれば許してくれるはず」と思うしかないのかも知れません。どうしたらそう思えるのか?。どんな人でもきっと許してくれる。自分は許してもらえる。そう思えるようになるのって、結構時間がかかるし、大変なことのような気がしました。 来週はもう最終回か。早いな〜、6回は。慣れてきたらもう終わりって感じですよ。蛇足だけど、エコって名前はやっぱりエコロジーから付けたんでしょうかね?。私が愛したアニメ←「おもしろい!」と思ったら押してね!ビッダーズではじめよう!アフィリエイト2.0★トンパの力【お金持ち!?】(携帯ストラップ)黒水牛の角に手彫り♪ ※5個以上で送料・代引き無料!おすすめ度 :1000年以上かけて中国雲南省の民族「ナシ族」に伝わる願いを叶える秘力文字
[ KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と ]   2006年03月31日 21:08

今回もモモのアフターサービスの話でしたね。ただ、今回は第一話の時にモモと触れ合ってしまった小学生、公太くんと猫のブルーが話しに絡んできました。話の流れから判断するに第一話の時から一年たった夏の話らしいです。(違ったら、どなたか遠慮なくコメントで突っ込んでくださいね。ただしヤンワリト)どうやら、公太くんはあの一件以来見えないものが見えてしまうようになってしまったらしいです。それで本人は少々困っているようですが、人に見えないものが見えるのって悪くは無いと私は思うのですが、皆さんはどうですか?でも、モモに言わせると『それは大人になれば消えるから大丈夫』だそうです。でも、消えちゃうほうがもったいないかな?そうそう、本筋は交通事故かなんかで死んでしまった姉の幽霊が出ていると言われる小学校(公太くんが通っている学校と同じです)に夜な夜な通って、姉に逢えるかどうかと思っている中学生の女の子の話です。どうやら、姉が事故にあう直前に姉に対して暴言を吐いてしまったことに悔いての思いなんですね。で、死んでしまった姉としてはそんな妹が気になるわけです。で、モモの出番らしいです。はっきりと会話が出来たわけではないようですが、その想いは互いに伝わったと思えます。お互いに満足できたところでモモのアフターサービスは終わりです。で、モモとダニエルは再び逢った公太くんのその後を気にして、ちゃんと生きていられることに満足されたようでした。ところで、他の方の感想ブログを読むと、死んでしまった人と会話を交わすことに複雑な思いをしている方もいるようですが、それは結構冷たいなと思います。生き残ったものはその思いをなるべく汲んでやる必要があると思うのですが、どうでしょうか?じゃなければ、死んでしまった人に悪いと思うのです。そのためなら、死んでしまった人と会話が出来ても良いと思うです。とは言え、実際にはいきている人の捕らえ方しだいなんですけどね。さぁて、いよいよ次回でこのアニメも最終回ですね。詳しいことはアニメ版公式HPと、ここにTBを張ってくれた方々のブログを参照してくださいね。
[ 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 ]   2006年03月31日 21:50

「ほたるのひかり。」 まさかと思っていましたが続編が来るとは…。 この6話完結のアニメでは続編はありえないと思っていたのですが、あの1話で出てきた公太と斉木とブルーが1年成長した姿で出てきました。 にしてもブルーでかいよ…成長しすぎだろう…。OTL
[ Hes:TEAR ]   2006年04月01日 08:40

いや††好きですねぇ。(ポケットモンスターAGのポケモンコンテストの審査員の1...
[ unknown ]   2006年04月01日 15:33

今週のしにがみのバラッド。のキーワードは「くまぱん中学生」です。 あの1話に登場した公太と、でっかくなったブルーが再登場です! 公太はブルーを大切に育てたようですね。 まだ春休みですが、今までどおり半日かけて記事を書いていたら学校が始まってから書け..
[ WisgheiL ]   2006年04月01日 22:48

肝試しにくる小学生達を脅かすため、幽霊に扮装し待ち構える宮崎エコ、中学生。そして、計画通り小学生達を脅かして追い返したのですが、見回りに来た警備員らしき姿を見かけエコは逃げ出そうとします。しかし、フェンスにスカートが引っかかり動けなくなってしまいます。そんな彼女に声をかける者が・・・。
[ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2006年04月02日 07:12

このアニメ、一応6話編成のようので、次回がラスト。といっても特別な終わり方があるとも思えませんが・・・しにがみのバラッド。01[通常版]今回も当然ながら「死」が関係した話。なんか主人公の二人を除き、初の二回目出場のキャラが登場。たぶん一話に登場した人です。...
[ accessのweb飛行機写真館 ]   2006年04月03日 22:47

ほっ!エロアングル復活キタ! しかも手つきがヤラシイ(*´Д`) 今回は第1話の主人公である公太が登場し、今回の主人公、エコに絡んできたので、視聴者からすると主人公とモモとを繋ぐものとして公太を介していつもと違った視点で楽しめた 思ったけど毎回モモが直接物語に介入するよりも、今回みたくモモと過去に関わった人物が登場して主人公を導いていくような展開の方が面白いんじゃないかな? 仮にモモ視点で視聴するとして、モモが知っていること(今回だと主人公の亡くなった姉がなぜ成仏できずにいるか)とかは知らないわけだし、主人公視点にしたって毎回違うキャラに変わるから結局視聴者は一傍観者として物語の外側から眺めていることしか出来ない まぁそこの所は人によって考え方が違うだろうけど、この作品に関して言えば自分はそっちの方が主人公に感情移入しやすいと思った
[ りせっとはかく語りき ]   2006年04月05日 05:17

第5話です。今回含めあと2話だけになってしまいました。今回は、宮崎エコさんと公太のお話です。
[ 恋華(れんか) ]   2006年04月05日 12:06


※2017年7月からトラックバック機能が廃止されました。
※お手数ですが、トラックバックはこちらのミラーブログをご利用ください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
今日もまた・・・アニアニランド 第8回